記事一覧

平良港をクルーズ拠点に選定 漲水14万㌧級バース

 






2017/02/01 09時07分配信 - 産業・経済 -

 国土交通省港湾局は31日、 「官民連携による国際クルーズ拠点」 を形成する港湾として、 応募のあった沖縄県の平良港、 本部港を含む全国6港湾を選定すると発表した。 同局、 港湾管理者とクルーズ船社は今後、 計画書 (目論見) の内容を踏まえ、 それぞれ必要なハード・ソフト両面の取り組みを進める。 平良港湾管理者の宮古島市 (下地敏彦市長) は、 世界最大のクルーズ客船運航会社カーニバル・コーポレーション&PLCとともに中国発着クルーズ主要拠点寄港地を目指す方針で、 漲水地区に国直轄事業で14万㌧級の専用岸壁、 カーニバル社がターミナルをそれぞれ3年間で整備する。
[全文記事]

関連記事

powered by weblio


 

ファイル 16408-1.jpg
平良港の国際クルーズ拠点選定で会見した下地市長 (右) ら=市役所平良庁舎

ファイル 16408-2.jpg
平良港の国際クルーズ拠点を構成する施設及び配置計画図

ソーシャルブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録 はてなに追加 del.icio.usに追加 livedoorClipに追加 niftyクリップに追加 Googleに追加 Technoratiに追加 Buzzurlに追加