記事一覧

有効求人倍率大幅増の1・61倍 求職者の減少続く

 






2017/02/01 09時01分配信 - 産業・経済 -

 宮古公共職業安定所 (知念宏和所長) は31日、 2016年12月の一般職業紹介状況を発表。 有効求人倍率は1・61倍で前年同月に比べて0・59ポイント増と大幅に上昇し、 6カ月連続で過去最高を更新した。 求人に高止まり感がある中、 求職者の減少が続いたことが要因。 今月は県内各職安でも最も高くなった。 有効求人倍率が上昇する一方、 企業にとっては人手不足や求人のミスマッチなどの問題が浮き彫りになっており、 正社員は求人の28・3%という状況も踏まえてさらなる雇用環境の改善が求められそうだ。
[全文記事]

関連記事

powered by weblio


 
ソーシャルブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録 はてなに追加 del.icio.usに追加 livedoorClipに追加 niftyクリップに追加 Googleに追加 Technoratiに追加 Buzzurlに追加