記事一覧

2016年度4~12月期、累計45%増の57万人

 






2017/01/25 09時07分配信 - 産業・経済 -

 2016年度宮古島市入域観光客数が4月から12月までの累計で57万1285人となり、 前年同期を17万9222人(45・71%)上回っていることが24日、 市観光商工局のまとめで分かった。 昨年10月に外国クルーズ船の寄港が終了したものの、 以降も新規路線を含む東京、 再開した大阪の直行便、 宮古那覇線の提供座席数増加などで観光客数は堅調に推移しており、 16年度は最終的に70万人に達する見込みだ。 17年度は引き続きクルーズ船寄港に加え、 全日本空輸(ANA)の名古屋直行便期間運航、 東京直行便への中型機投入でさらに増加すると見られている。
[全文記事]

関連記事

powered by weblio


 

ファイル 16365-1.jpg
本年度の宮古島市入域観光客数は本土路線の開設で好調に推移している=宮古空港の到着風景 (2016年8月14日撮影)

ソーシャルブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録 はてなに追加 del.icio.usに追加 livedoorClipに追加 niftyクリップに追加 Googleに追加 Technoratiに追加 Buzzurlに追加