記事一覧

2017年肉用牛初セリ439頭落札、高値で好発進

 






2017/01/20 09時03分配信 - 産業・経済 -

 JAおきなわ宮古地区本部 (下地保造本部長) の2017年1月期肉用牛セリ市が19日、 同農協家畜セリ市場で行われた。 初セリでは439頭が落札され、 このうち月齢12カ月以内の子牛1頭当たりの平均価格は80万6627円で前年同月に比べて10万9830円高と好スタートを切った。 セリ価格は全国的な素牛不足が続いており、 今年も高値が続くと予想されている。 初セリには農家をはじめ大勢の関係者が参加し、 1年間の高値安定取引や宮古の畜産振興を祈念。 上場1番牛は173万9880円と過去最高値で落札された。
[全文記事]

関連記事

powered by weblio


 

ファイル 16326-1.jpg
初セリで過去最高値を付けた今年の上場1番牛=JA宮古家畜セリ市場

ソーシャルブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録 はてなに追加 del.icio.usに追加 livedoorClipに追加 niftyクリップに追加 Googleに追加 Technoratiに追加 Buzzurlに追加