記事一覧

サシバ3800羽が飛来、野鳥の会が市民観察会

 






2016/10/18 09時01分配信 - 科学・環境 -

 宮古野鳥の会 (仲地邦博会長) は16日、 市役所伊良部庁舎屋上でサシバ市民観察会を行った。 この日は今年最も多い3800羽のサシバが飛来。 参加した市民たちは秋晴れの空に高々と舞う 「鷹柱」 を存分に堪能した。 同会によると今季のこれまでの飛来数 (8日~16日) は約6000羽となっている。
続き
 観察会が始まった午後3時頃もサシバの群れが次々と飛来し、 伊良部庁舎の真上で天空に渦を巻くように舞い飛んでいた。 切れ間なく飛来するサシバに参加者たちは 「たくさん見えるのは良いが首が痛くなる」 と空を見上げていた。
 仲地会長は、 サシバの飛来数減少について 「本土の繁殖地から南へ渡るちょうど良い場所に宮古があり、 たくさん飛来していた。 44年前は4万羽だったが右肩下がりで減っている。 年間平均730羽減っており、 このままでは14~15年後にはいなくなってしまうかもしれない。 原因は繁殖地や中継地での木の減少。 フィリピンではまだ狩猟されている。 宮古でできることはサシバが留まれる木を育てること」 と説明した。
 今年のサシバの渡りは台風や前線の影響でやや遅れているという。 昨年は6694羽で過去最少だった。

関連記事

powered by weblio


 

ファイル 15773-1.jpg
「鷹柱」 となって上空を舞い飛ぶサシバの群れ=16日、 伊良部島の上空

ファイル 15773-2.jpg
双眼鏡で飛来するサシバを観察する親子=16日、 市役所伊良部庁舎屋上

ソーシャルブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録 はてなに追加 del.icio.usに追加 livedoorClipに追加 niftyクリップに追加 Googleに追加 Technoratiに追加 Buzzurlに追加