記事一覧

手ぶらで外遊び いちばが前浜利活用計画を発表

 






2016/10/15 21時06分配信 - 社会・一般 -

 宮古島市から下地与那覇のふれあいの前浜海浜広場施設 (ウインディまいばま) の指定管理業務委託を受けたいちば (与那覇翔太郎社長) は15日、 同施設を含めた前浜海浜公園利活用計画を発表した。 「手ぶらで外遊び」 をコンセプトに同施設ではカフェや物産の販売、 ウェディングパーティーやBBQ等を行い、 周辺のキャンプ場と併せて観光客から地元住民、 子どもからお年寄りまで幅広く楽しめるエリアづくりを目指していく。
続き
 同施設で記者会見を行った与那覇社長は 「動く」 「食べる」 「くつろぐ」 「祝う」 のテーマを設定した利活用計画を説明した上で 「地元の人は誰でも来たことのある場所。 前浜の自然からもらったパワーを指定管理業務委託を受けて皆さんに還元したい。 地元の人の交流の場にできれば」 と述べた。
 指定管理は同施設から前浜港までの保安林と海浜を除く地域。 営業時間は午前8時~午後9時で朝食から夕食まで提供。 ウェディングパーティーをはじめ各種祝賀パーティーを受け入れていく。 隣接するキャンプ場と保安林の遊歩道には自生する植物を植えて手入れし、 ウォーキングやピクニックを楽しめるようにする。 また各施設バリアフリー化も進める。
 同社の指定管理業務委託は10月1日から3年間となっている。

関連記事

powered by weblio


 

ファイル 15770-1.jpg
前浜海浜公園利活用計画を発表する与那覇社長 (中央) =ウィンディーまいばま

ソーシャルブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録 はてなに追加 del.icio.usに追加 livedoorClipに追加 niftyクリップに追加 Googleに追加 Technoratiに追加 Buzzurlに追加