記事一覧

筋力低下予防学ぶ、口腔の健康説明会

 






2016/10/13 09時03分配信 - 健康・暮らし -

 「お口元気を広めよう」 説明会 (主催・宮古島市、 県歯科医師会ほか) が11日、 下地保健センターで行われた。 多くの高齢者や市民が参加し、 「お口元気でフレイル (筋力や活力の低下) を予防しよう」 などをテーマにした 「健口美 (けんこうび) 体操」、 カラオケを通した口の健康を維持することで介護予防を図ることの重要性などについて学んだ。
続き
 説明会には、 ライオン歯科衛生研究所の高田康二研究開発室長と武井典子さん、 カラオケで知られる第一興商の寺山義昭沖縄第一興商社長、 営業統括本部エルダー事業開発部の戸塚圭介部長 (日本音楽健康協会専務理事)、 岡村一浩チーフらが出席した。
 同研究所の武井さんは、 フレイルの疑いについて▽体重減少▽疲れやすくなった▽筋力の低下▽歩くのが遅くなった▽活動性の低下―などを挙げた。 また、 「健口美」 について 「健康な口の 『健』、 良好なコミュニケーションを行う 『口』、 美しい口の 『美』 のことでいつまでも美味しく食べ、 楽しく話し、 美しい笑顔の生活、 そんな毎日を可能にすること」 と説明した。
 さらに 「唇や頬の筋力を元気にすることで明瞭な発音に改善する、 よく噛んで食べる、 正しい歯の磨き方で口を清潔に保つなどの健口美体操で健口美の維持を行うことはフレイル予防につながる」 と紹介した。

関連記事

powered by weblio


 

ファイル 15746-1.jpg
講師の健康な口などについての講話に耳を傾ける参加者たち=11日、 市下地保健福祉センター

ソーシャルブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録 はてなに追加 del.icio.usに追加 livedoorClipに追加 niftyクリップに追加 Googleに追加 Technoratiに追加 Buzzurlに追加