記事一覧

父母、住民で賑わう 宮古高校3年に1度の学園祭

 






2016/10/01 21時02分配信 - 催事・イベント -

 県立宮古高校 (平良智枝子校長) の第22回学園祭が1日から始まった。 「魅せろ今こそ 宮高魂いっさい!がっさい!学園祭」 をスローガンに生徒たちが舞台演技や展示発表、 軽食店を行った。 会場には父母をはじめ大勢の地域住民も訪れ、 3年に一度の学園祭を楽しんでいた。
続き
 午前9時から同校体育館でオープニングセレモニーが行われ、 平良校長が 「3年に1度の学園祭が始まる。 『チームワークで個性全開』 『笑いと感動を』 『感謝の心でおもてなし』 の三つを実行してほしい。 来校者が来て良かったと思え、 主人公である皆さんが一生の思い出となるような学園祭にしてほしい」 とあいさつ。 生徒会長の西里吏央くん (2年) が 「学園祭は青春の1ページ。 楽しくするのは自分たち次第だがルールは守ろう。 常識は超えても非常識にならないよう学園祭を盛り上げよう」 と呼びかけた。
 午前10時から開場し、 各クラスの教室ではゲームやお化け屋敷、 スタンプラリーが行われ、 軽食コーナーではカレーやそば、 かき氷、 ポップコーンなどを販売した。 PТAも食堂を出していた。 体育館の舞台部門では演劇などが行われ、 歌やダンス、 コントを交えた演技で会場に詰めかけた観客を楽しませた。
 2日目は午前9時から午後2時まで行われる。

関連記事

powered by weblio


 

ファイル 15680-1.jpg
学園祭で歌あり、 ダンスありの演劇を披露する生徒たち=宮古高校体育館

ソーシャルブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録 はてなに追加 del.icio.usに追加 livedoorClipに追加 niftyクリップに追加 Googleに追加 Technoratiに追加 Buzzurlに追加