記事一覧

茅輪くぐりで健康祈願 宮古神社で恒例夏越しの大祓

 






2016/07/01 09時06分配信 - 催事・イベント -

 宮古神社恒例の夏越の大祓 (おおはらえ・6月祓) が30日、 同神社境内で行われた。 多くの家族連れなどが訪れ、 神主によるおはらいを受けた後、 神殿前に設けられた茅輪をくぐり、 向こう半年間の無病息災を祈願した。
続き
 大払いは毎年、 6月と12月に行われる神社の年中行事。 日常生活の中で知らず知らずのうちに重ねた罪やけがれを形代 (かたしろ) という紙製の 「人形」 (ひとがた) に移し、 払い清める神事。
 夏越の大祓は正月以来の大祓なことから心身の大掃除をして清々しい気持ちと生き生きとした身体で夏を越し、 年末大晦日までの半年の日々が平穏無事であることを願う。
 訪れた人たちは、 神主のお祓いの儀などを見守ったあとそれぞれが切麻 (きりぬさ) と呼ばれる細かく切った紙と麻を両肩に掛けて身を清めたあと茅輪を3回くぐって無病息災を祈願した。
 茅輪くぐり後には、 ちびっこらんどやニライカナイによる祭り太鼓演舞も行われた。
 お祓いを済ませた人たちは太鼓演舞を見入っていた。

関連記事

powered by weblio


 

ファイル 15097-1.jpg
向こう半年間の無病息災を祈願し、茅輪くぐりを行う人たち=宮古神社

ソーシャルブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録 はてなに追加 del.icio.usに追加 livedoorClipに追加 niftyクリップに追加 Googleに追加 Technoratiに追加 Buzzurlに追加