記事一覧

下里市場再開発委員会、建設計画案答申へ

 






2009/11/27 09時21分配信 - 政治・行政 -

 第4回下里公設市場再開発委員会 (委員長・長濱政治副市長) が26日、 市役所平良庁舎で開かれた。 同市場跡地に決まった新市場について、 作業部会から3つの建設計画案の説明があり、 そのあとの協議で第3案を今月30日に下地敏彦市長に答申することを確認した。
続き
 第3案は鉄筋コンクリート2階建で、 1階に精肉や鮮魚などを販売する店舗、 青空市場などや休憩飲食が出来る開放的な広場を設ける。 市では2010年度で実施設計費と建設費を盛り込み、 11年4月のオープンを目指して作業を進めていく。
 委員会では長濱委員長が 「第3回委員会で確認した作業部会からの説明を聞き、 市長への答申の仕方を含めて議論したい」 と述べた。
 作業部会は、 4回ほど協議を行って第1・2・3案をまとめた。 この日は委員の一人でもある堀川政憲さんが 「3つの案ともコンセプクトの項目に沿った提出案となっている。設置案ではチャレンジショップや宮古島市販売所などを設けた。 チャレンジショップでは市場で勉強してもらい市内で独立できるような人材育成を行う」 などと述べ、 第1案、 第2案、 第3案をそれぞれ説明した。
 このあと各委員が3つの案について意見を述べたが、 第3案を推す委員が多かった。 第3案を推した委員からは 「中央を開け、 イベントや買い物客らが休憩をとり話ができる場がほしいのでオープンに買い物ができるようなものが良い」、 「店舗がオープンに見え、 観光客らにいい効果が出ると思う」、 「コンセプトは賑わいのある拠点や地域活性化の拠点であり、 建物が市場通りと下里通りに面したL字型でイベントにも使えるのでよい」 などの意見が出されていた。
 第3案の建物延床面積は、 1階と2階 (管理事務所、 会議室) を合せて549平方㍍。 建設費が1億3300万円、 設計費が920万円の計1億4220万円となっている。 建物はL字型で、 1階は店舗、 開放的な広場には野菜・宮古島市販売所・フリーマーケットのみどり広場、 チャレンジショップ、 現在路上販売している人たちが入る青空市場、 休憩飲食などを設ける予定。 駐車場は19台のスペースを確保する。
 テナントの公募については、 3店舗は確保するほか仮設で営業している店舗をを優先することも確認した。
 建設に向けては、 建設作業部会を立ち上げ、 具体的な検討に入っていく。

関連記事

powered by weblio


 

ファイル 150-1.jpg
作業部会からの建設計画案について協議する下里公設市場再開発委員会=市役所平良庁舎

ソーシャルブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録 はてなに追加 del.icio.usに追加 livedoorClipに追加 niftyクリップに追加 Googleに追加 Technoratiに追加 Buzzurlに追加