記事一覧

「ここ・から」体操教室が開講─下地保健セ

 






2015/12/03 09時02分配信 - 健康・暮らし -

 宮古島市の2015年度 「ここ・から」 体操教室・後期が1日、 下地保健センターではじまり、 市民29人が参加して来年2月までの全20回にわたって健康づくりのための運動などに取り組む。
続き
 同教室は生活習慣病予防・改善の課題解決に向け、 地域住民が健康の正しい知識を身につけ、 実践することが必要不可欠であることを踏まえ、 効果的な運動・食事に関する正しい知識を習得し、 取り組むきっかけとして実施されているもので、 ことしで9年目。
 参加者は今後、 健康運動指導士や保健師、 栄養士、 健康づくり推進員の指導で血圧測定や問診などメディカルチェック、 体重などの計測、 健康講話、 運動などに取り組む。 初日は開講式のほか、 健康運動指導士の平良真菜美さんの指導で体操に取り組んだ。
 開講式であいさつした市健康増進課の宮国泰誠課長は、 県健康づくりモデル事業で団体などに血圧計を貸し出して健康管理に取り組む 「まちの健康コーナー」 の利用や、 来年の伊良部大橋ウォーキングへの参加を呼びかけるとともに、 「参加者には、 毎週2回の教室を続けていくためにも体に気をつけ、 健康づくりに取り組むようがんばってほしい」 と激励した。

関連記事

powered by weblio


 

ファイル 13817-1.jpg
「ここ・から」体操教室・後期が開講し、参加者が運動に取り組んだ=1日、 下地保健センター

ソーシャルブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録 はてなに追加 del.icio.usに追加 livedoorClipに追加 niftyクリップに追加 Googleに追加 Technoratiに追加 Buzzurlに追加