記事一覧

病床削減 実情合わせて─地区医療構想検討会議

 






2015/11/13 09時03分配信 - 健康・暮らし -

 第2回宮古地区地域医療構想検討会議 (議長・山川宗貞県宮古福祉保健所長) が12日、 同保健所で開かれた。 「2025年に目指すべき医療提供体制」 を決める県の医療構想策定に向けて同保健所は、 前回までの議論を踏まえ、 宮古地区の病床数を現行804床から389床減の 「415床」 とする案を提示した。 市の行政や医療関係者からは、 在宅医療の充実度など実情に合わせた計画策定を求める意見が多く寄せられた。
[全文記事]

関連記事

powered by weblio


 

ファイル 13696-1.jpg
宮古圏域の将来の病床数などについて協議した地域医療構想検討会議=県宮古福祉保健所

ソーシャルブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録 はてなに追加 del.icio.usに追加 livedoorClipに追加 niftyクリップに追加 Googleに追加 Technoratiに追加 Buzzurlに追加