記事一覧

宮古病床数、将来「過剰」─県地域医療構想検討会議

 






2015/09/04 09時04分配信 - 健康・暮らし -

【那覇支局】2025年を見据えた地域の医療需要の将来推計や報告された情報を活用し、 地域にふさわしいバランスのとれた医療機能の分化と連携を適切に推進するための県地域医療構想策定に向け、 県地域医療構想検討会議が3日、 県庁で開かれた。 この中では、 県全体の必要病床数は、 現状 (13年) の1万4603床と比べて約680床不足の1万5285床、 地区別で宮古は804床に対して約389床の過剰とそれぞれ推計されていることが示された。
[全文記事]

関連記事

powered by weblio


 

ファイル 13265-1.jpg
医療需要の将来推計などを盛り込む県医療構想策定に向けて開催された検討会議=県庁会議室

ソーシャルブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録 はてなに追加 del.icio.usに追加 livedoorClipに追加 niftyクリップに追加 Googleに追加 Technoratiに追加 Buzzurlに追加