記事一覧

宮古工出身の比嘉大吾がプロ1年で世界王者輝く

 






2015/07/28 09時01分配信 - 社会・一般 -

 ボクシングのWBC世界ユースフライ級王者決定戦 (24日、 タイ・バンコク) で、 宮古工業高校出身の比嘉大吾 (白井・具志堅スポーツ) がコンファーCPフレッシュマート (タイ) に7回KО勝ちし、 初王座に就いた。 途中判定で相手にリードを許していた比嘉は、 7回に連打を浴びせ、 2度のダウンを奪って見事逆転勝ち。 昨年6月にプロデビューしてから1年で挑んだ初のタイトル戦を制し、 チャンピオンベルトを手にした。
[全文記事]

関連記事

powered by weblio


 

ファイル 13026-1.jpg
チャンピオンベルトを腰に巻く比嘉大吾 (中央) と具志堅会長 (左隣り) =タイ・バンコク (白井・具志堅スポーツジム提供)

ファイル 13026-2.jpg
昨年1月、 入団会見時の(右から)比嘉大吾と具志堅会長=資料写真

ソーシャルブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録 はてなに追加 del.icio.usに追加 livedoorClipに追加 niftyクリップに追加 Googleに追加 Technoratiに追加 Buzzurlに追加