記事一覧

藻場再生へコアマモ移植─与那覇湾

 






2015/07/04 21時06分配信 - 科学・環境 -

 宮古島市 (下地敏彦市長) は4日、 与那覇湾が2012年7月3日に水鳥の生息地として国際的に重要な湿地等を認定するラムサール条約に登録されたことにちなみ記念行事として、 海の生物の 「ゆりかご」 と言われるコアマモの移植を行った。 近年、 同湾の海草藻場が減少しているとされており、 その再生と保全、 また将来的な学習活用を目的に実施した。
[全文記事]

関連記事

powered by weblio


 

ファイル 12888-1.jpg
ラムサール条約登録を記念してコアマモを移植する参加者たち=与那覇湾

ソーシャルブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録 はてなに追加 del.icio.usに追加 livedoorClipに追加 niftyクリップに追加 Googleに追加 Technoratiに追加 Buzzurlに追加