記事一覧

完治願い鯉のぼり掲揚 宮古病院、患者や家族ら参加

 






2015/05/01 09時02分配信 - 健康・暮らし -

 児童福祉週間 (5月5日~11日) にちなんだ鯉のぼり掲揚式が30日、 県立宮古病院3階庭園で行われた。 入院患者やその家族、 保育士、 看護師、 医師らが参加し、 屋上から大空高く引き上げられた鯉のぼりを見上げて笑顔を見せた。
続き
 同式は入院中の患者や子どもたちが早く完治し、 健やかに成長して大空を泳ぐこいのぼりのように元気になってくれることを願い、 毎年実施している。
 宮城雅也医療部長は参加している子どもたちに 「お父さん、 お母さん、 学校の先生の言うことをよく聞いてこのこいのぼりのように元気で健やかに成長してほしい」 と呼びかけた。
 武富博寿小児科部長も入院中の子どもたちや患者に 「早く完治して大空を泳ぐこいのぼりのように元気になって下さい」 とあいさつした。
 式では参加者が鯉のぼりの歌を歌いながら屋上から引き上げられる鯉のぼりを見上げた。 引き続き空を泳ぐ鯉のぼりを背景に記念撮影が行われ、 最後は参加した子どもたちにお菓子がプレゼントされた。

関連記事

powered by weblio


 

ファイル 12479-1.jpg
こいのぼりを背景に記念撮影を行う参加者たち=宮古病院3階庭園

ソーシャルブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録 はてなに追加 del.icio.usに追加 livedoorClipに追加 niftyクリップに追加 Googleに追加 Technoratiに追加 Buzzurlに追加