記事一覧

震災漂着ゴミ増加傾向、山口さん追跡調査

 






2015/04/29 09時07分配信 - 科学・環境 -

 1998年以来、 県内の海岸で定期漂着ゴミ調査に取り組んでいる山口晴幸さん (防衛大学名誉教授) によると、 東日本大震災後、 各地の海岸で震災木材類の漂着が増加傾向にあることが分かった。 28日午前、 宮古新報社を訪れた山口さんは、 昨年八重山諸島で実施した調査結果と比較した場合、 「海岸1㌔当りで1・5倍程増えている」 と指摘。 一方で、 「一般の漂着ゴミと比べると量的には遥かに少ない。 沖縄の漂着ごみの大半は中国製ゴミが主体」 であることを付け加え、 漂着ゴミ問題に真剣に対応する必要性を強く訴えた。
[全文記事]

関連記事

powered by weblio


 

ファイル 12470-1.jpg
漂着ゴミの調査結果を報告する山口晴幸さん=宮古新報社

ファイル 12470-2.jpg
=写真=

ソーシャルブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録 はてなに追加 del.icio.usに追加 livedoorClipに追加 niftyクリップに追加 Googleに追加 Technoratiに追加 Buzzurlに追加