記事一覧

夏の観光シーズン幕開け 前浜ビーチで海びらき

 






2015/04/07 09時07分配信 - 社会・一般 -

 海の観光シーズンの幕開けを告げる2015年宮古島の海びらき (主催・宮古島観光協会) が5日、 下地与那覇前浜ビーチで開催された。 「海びらき宣言」 とともに来場者たちが初泳ぎを楽しんだ。 この日の最高気温は28度。 晴天に恵まれ絶好の海びらきとなった。 訪れた大勢の市民や観光客がビーチでのレクリエーションやゲーム、 マリンレジャー体験などを楽しんでいた。 海びらきは、 宮古の観光資源である美しい海とビーチを島内外にアピールするとともに海族まつりの第一弾のイベントとして開催されている。
続き
 午前9時45分から司女や関係者による海の安全祈願が行われ、 オープニングアトラクションでは男塾武―Dooの子どもたちがエイサーなどを披露して会場を盛り上げた。 テープカットに続いて同観光協会青年部の石原雄部長、 ミス宮古の3人が 「海びらき」 を宣言すると来場者が手にした風船を青空に向けて飛ばし、 ことしの海の観光シーズンの到来を祝った。
 主催者を代表して同協会の豊見山健児会長が 「海びらきは海に関わるイベント 『海族まつり』 のスタート行事であり、 海洋レジャーシーズンの幕開けだ。 海びらきを通して自然の恵みに感謝しながら島の誇れる美しい海を広く内外に発信したい」 とあいさつ。 下地敏彦市長は 「初夏の到来を告げるイベント。 宮古島観光のスタートとしての意味合いを持ち青い海、 青い空、 豊かな自然を全国に発信していく大事なイベント。 十分満喫してほしい。 最大の観光資源である海を汚さない、 自然を大切にする心を互いの中で育てていこう」 と祝辞を述べた。
 この日は高気圧に覆われて青空が広がり、 気温も午前11時には28・1度と 「海びらき」 日和となった。 初泳ぎではカウントダウンとともに大勢の子どもたちが前浜の透き通った海に飛び込み、 水しぶきをあげて久々の海水浴を楽しみ、 遊泳後には 「初泳ぎ証」 をもらっていた。
 ビーチでは宝探し、 島ぞうり飛ばし大会、 ウォータースライダーなどが行われ、 子どもたちの歓声に包まれた。 水上バイクやシーカヤックの試乗会にも長蛇の列ができ来場者たちはそれぞれが海での遊びを満喫していた。 イベント後はビーチクリーンアップで海浜美化も行われた。
 野球部の部員たちと遊びに来た下地主真くん (平良中3年) は 「暑いので水に入ると気持ちよかった」 と話し、 家族で来ていた与那覇竜麻くん (3) は 「水は冷たくなかった。 気持ちよかった」 と笑顔を見せた。 父親の竜也さんは 「海に来たのも久しぶり。 子どもたちも喜んでいるし親も楽しめるイベント」 と述べた。

関連記事

powered by weblio


 

ファイル 12328-1.jpg
15年海びらき宣言の合図と同時に元気よく海に飛び込む子どもたち=5日、 下地与那覇の前浜ビーチ

ソーシャルブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録 はてなに追加 del.icio.usに追加 livedoorClipに追加 niftyクリップに追加 Googleに追加 Technoratiに追加 Buzzurlに追加