記事一覧

食・酒・運動で活動計画─がんじゅう多良間推進委

 






2015/01/22 09時07分配信 - 健康・暮らし -

【多良間】2014年度がんじゅうたらま21推進委員会が21日、 多良間村役場で行われた。 今年度中の第2期プランの改訂に向けて、 15年度に村内の各団体が取り組む活動計画を確認。 活動目標の評価が不十分だったことから、 今後は作業部会と関係機関が十分に調整しながら成果を委員会に報告していく。 また委員20人に委嘱状が交付され、 委員長には池城三千雄同村教育長、 副委員長には宮古福祉保健所の山川宗貞所長を選出した。
続き
 池城委員長は 「全県的に取り組んでおり、 多良間村でも09年度に策定してきた。 多良間村の抱える健康課題は何なのか一つひとつ改善していくための活動計画。 行政だけでなく村内の各事業所等も一緒に取り組んでいくものであり、 皆さんの協力をお願いしたい」 と呼びかけた。
 15年度のプロジェクト目標は▽健康な食生活ができる▽適正飲酒ができる▽運動する人が増える―などを掲げている。 このうち適正飲酒の成果条件は 「飲酒の機会が減る」 としており、 各団体では活動計画に 「午後9時以降は子連れで飲酒しないよう呼びかける」 「行事の際の飲酒を午後9時には終了」 「宴会を3時間で終了する」 「オトーリを1周で終わらせる」 などを盛り込んでいる。
 「健康な食生活」 に関してはバランスの良い食事や良い食習慣を成果条件とし、 各団体からは野菜や魚を食べる機会の増加や地産地消の推進、 食育や栄養教室の実施、 食に関するアンケートによる食生活の把握、 食生活推進員の育成、 虫歯予防デーなどの活動計画が上がっている。
 「運動する人が増える」 では成果条件を運動する環境が十分あり、 協力して継続でき、 日常生活の中で意識して体を動かすこととしている。 活動として 「運動サークルへの参加を呼びかける」 「職場内でグラウンドゴルフ大会など運動行事開催」 「持久走の日を行う」 「体育館、 グラウンド、 プール等の地域開放」 「ウォーキングマップの作成」 などを計画している。
 委員は次の通り。
 ▽委員長=池城三千雄▽副委員長=山川宗貞▽委員=金城元気、 古川惠美子、 手登根健市、 豊見山榮子、 仲筋広行、 森田正人、 池田満、 野里雅明、 西原輝、 垣花健三、 仲間トシ子、 兼本武雄、 垣花奈緒子、 銘苅美奈子、 本村雅則、 仲宗根春光、 本村和也、 波平敏一

関連記事

powered by weblio


 

ファイル 11869-1.jpg
15年度の活動計画などを確認するがんじゅうたらま21推進委員たち=多良間村役場

ソーシャルブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録 はてなに追加 del.icio.usに追加 livedoorClipに追加 niftyクリップに追加 Googleに追加 Technoratiに追加 Buzzurlに追加