記事一覧

観光学部23年4月開校 宝塚大が住民説明会

2021/12/05 09時05分配信 - 教育 -

ファイル 25436-1.jpg
地域住民を対象に宮古島キャンパス計画説明会を開いた=3日、城辺公民館

 旧城辺中校舎跡地などを活用し、観光学部(構想中)宮古島キャンパスの2023年4月開校を計画している宝塚医療大学(兵庫県宝塚市、岸野雅方学長)は3日、城辺公民館で地域住民への説明会を開いた。観光学部の概要や地域連携の方針などを説明したほか、学部長就任を予定している廣田佳彦教授が宮古島に観光学部を設置する意義を語った。宮古島市職員も同席し城辺図書館などの運営方針で質問に答えた。大学側は今後も説明会を継続する意向だ。
[全文記事]

あおぞら図画コンクールに宮古地区入選28人表彰

2021/12/04 09時01分配信 - 教育 -

ファイル 25435-1.jpg
宮古地区からは最優秀賞2人、優秀賞7人、佳作19人の計28人が入賞した=未来創造センター多目的ホール

 第39回JTA・RACあおぞら図画コンクール(主催・同2社)の宮古島地区表彰式が3日、未来創造センター多目的ホールで行われた。同コンクールには宮古地区から14校272点の応募があり、全体(547点)の約半数を占めた。最優秀賞を平良寧音さん(北2年)と西平笑奈さん(南5年)が受賞するなど、入選者全55人中28人が宮古地区の児童となった。
[全文記事]

幼小教育の円滑接続協議 県宮古教育事務所

2021/12/02 09時01分配信 - 教育 -

ファイル 25425-1.jpg
保育園・幼稚園・こども園・小学校の教諭らが幼小連携について話し合った=11月30日、県宮古合同庁舎

 沖縄県宮古教育事務所は11月30日、幼児教育と小学校教育の円滑な接続について理解を深めるため、宮古合同庁舎で2021年度宮古地区幼稚園教育課程研究協議会を開いた。市立西城幼稚園の下地恵美教諭と砂川幼稚園の仲地早苗教諭が研究発表をしたほか、参加した幼稚園や小学校などの教諭らが幼少接続に向けた連携を話し合った。
[全文記事]

狩俣中生徒3人が受賞報告 神のバトン賞、お~いお茶俳句

2021/11/27 09時02分配信 - 教育 -

ファイル 25403-1.jpg
笑顔でピースする(前列左から)砂川さん、川満さん、國仲さんと(後列左から)平良校長、大城教育長、神里教諭=市役所会議室

 詩や俳句で受賞した狩俣中学校の生徒3人らは26日、市役所に大城裕子教育長を訪ね報告した。川満歩夢さん(2年)は第19回神のバトン賞(琉球新報社主催)で最高賞に、國仲秀弥さん(3年)は同賞佳作に輝いた。砂川琉悟さん(2年)は第32回伊藤園お~いお茶新俳句大賞の佳作特別賞に選ばれた。平良満洋校長と3人を指導した国語担当の神里那美教諭も同行した。
[全文記事]

「チーム学校」主体性を 児童生徒の指導研修

2021/11/27 09時01分配信 - 教育 -

ファイル 25404-1.jpg
=写真=

 2021年度生徒指導(児童会・生徒会)担当者研修会(主催・県宮古教育事務所)が25日、県宮古合同庁舎で開かれた。宮古地区小中学校の児童生徒会担当教諭らが出席し、魅力ある学校づくり、自主性を高める指導などを協議した。
[全文記事]

下地優花さん(上野中3年)ら「善行児童・生徒」で県表彰を受賞

2021/11/26 09時03分配信 - 教育 -

ファイル 25397-1.jpg
笑顔で記念撮影に応じる下地さん(前列左2人目)と友利さん(同3人目)ら=県宮古合同庁舎5階宮古教育事務所研修室

 県退職校長会の2021年度「第23回善行児童・生徒」で県表彰を受賞した下地優花さん(上野中3年)と友利心温さん(下地中3年生)の宮古地区表彰式が25日、宮古教育事務所で開かれた。宮古地区退職校長寿会の上里雅章会長と宮城克典宮古教育事務所長らも出席。下地さん、友利さんと保護者らを祝福し今後の活躍へ期待を述べた。下地さんと友利さんは受賞の喜び、周囲への感謝、今後の抱負などを笑顔で語った。
[全文記事]

「税を考える週間」で集い 児童生徒17人表彰

2021/11/25 09時04分配信 - 教育 -

ファイル 25391-1.jpg
中学生9人、小学生8人を表彰した=未来創造センター多目的ホール

 税の意義や役割を考え、税に対する理解を深める「税を考える週間」の一環として、2021年度税を考えるつどい(主催・税を考える宮古島連絡会)が24日、未来創造センターで開かれた。21年のテーマは「くらしを支える税」。消費税完納・キャッシュレス納付推進宣言を採択したほか、沖縄国税事務所の松田昌次長が講演を行った。中学生の「税についての作文」で9人、小学生の税に関する絵はがき・標語コンクールで計8人を表彰した。
[全文記事]

標語とイラスト表彰 高校生7人 問題行動防止

2021/11/17 09時04分配信 - 教育 -

ファイル 25354-1.jpg
標語部門6人、イラスト部門1人の計7人が表彰された=宮古総合実業高校
宮古高校1年山田愛さんの作品

 2021年度問題行動防止標語・イラスト表彰式(主催・宮古地区県立学校PTA連合会など)が16日、宮古総合実業高校で行われ、標語6部門とイラスト部門の計7人に表彰状が手渡された。同表彰は宮古地区の高校生の飲酒や喫煙など、進路や生活にかかわる問題行動を防止するため、高校生自身の目線で思いを込めた作品を募集している。
[全文記事]

エコアイランドに提案 追手門学院大手前中、学習旅行

2021/11/17 09時02分配信 - 教育 -

ファイル 25356-1.jpg
エコアイランド宣言について学習した成果を発表する追手門学院大手前中の生徒たち=市役所大ホール

 大阪府の追手門学院大手前中学校(濵田賢治校長)の3年生96人が16日、学習旅行のため来島。これまで取り組んできたエコアイランド宮古島宣言2・0の学習成果を市役所で関係者に発表した。同宣言の中から選んだテーマの課題をSDGs(持続可能な開発目標)の達成に向けて探究し、生徒たちが考える解決策を提案した。
[全文記事]

砂川さん宮古初の全国大会入賞 少年の主張

2021/11/16 09時03分配信 - 教育 -

ファイル 25350-1.jpg
少年の主張全国大会で宮古勢初の入賞を果たした砂川恵里香さん=久松中学校

 久松中学校(垣花秀明校長)1年生の砂川恵里香さんが第43回少年の主張全国大会―わたしの主張2021―で、審査委員会委員長賞を受賞し、宮古地区から初めての全国入賞を成し遂げた。宮古地区からの全国大会出場は歴代4人目で23年ぶりだった。
[全文記事]

ページ移動