記事一覧

福西自治会が優勝、城辺学区部落対抗駅伝

2018/11/15 09時06分配信 - スポーツ -

ファイル 20418-1.jpg
トップでゴールする福西自治会の選手(提供写真) =11日、 城辺陸上競技場

 第42回城辺学区部落対抗駅伝競走大会 (主催・城辺学区体育協会) が11日、 城辺陸上競技場スタート・ゴールで行われた。 7部落のチームが出場し11区間27・8㌔で競った結果、 福西自治会が1時間58分14秒で優勝を果たした。
[全文記事]

たらま島一周マラソン大会、塚本が女子6連覇

2018/11/13 09時07分配信 - スポーツ -

ファイル 20404-1.jpg
島を1周するAコースのスタートを切る出場者たち=11日、多良間村役場前

【多良間】第21回たらま島一周マラソン大会 (主催・多良間村) が11日、 同村役場前を発着する4つのコースで行われた。 島を1周する最長23・75㌔は新たにコースが変わり、 女子は地元の塚本恭子さん (多良間村) が最多記録を更新する6連覇を達成し、 男子も仲間正彦さん (石垣市) が2年連続通算3度目の優勝を果たした。 日差しが強く最高気温27・7度と厳しいコンディションとなったが、 島内外から出場した参加者たちは沿道の声援を受けながらゴールを目指していた。
[全文記事]

【たらま島一周マラソン写真特集】

2018/11/13 09時06分配信 - スポーツ -

ファイル 20405-1.jpg
最多105人が参加したCコースのスタート=村役場前

島の声援受けゴール目指す

【たらま島一周マラソン写真特集】

県民体育大会むけ団結誓う、宮古代表選手団

2018/11/10 21時06分配信 - スポーツ -

ファイル 20396-1.jpg
長濱会長から団旗を手渡される卓球の伊志嶺主将 (右) =9日、 富名腰公民館

 宮古島市体育協会 (長濱博文会長) は9日、 富名腰公民館で第70回沖縄県民体育大会宮古代表選手団結団式を行った。 各競技の選手、 役員らが互いに健闘を誓うとともに勝利に向け団結を誓った。 今大会、 宮古は16競技に326人の選手団が参加。 男女とも総合成績9位 (前回14位) を目指している。
[全文記事]

全国・九州出場高校生に寄付、自転車競技協会

2018/11/07 09時04分配信 - スポーツ -

ファイル 20366-1.jpg
関係者らが見守る中で下地会長 (左2人目) から南風原君 (右3人目) らに寄付金が贈られた=宮古高校

 宮古島自転車競技協会 (下地盛雄会長) は6日、 このほど行われた県高等学校新人自転車競技大会に出場し選考の結果、 九州大会に出場する宮古工業高校の南風原凜之介君 (1年) と宮古高校の塩川喬也君 (2年)、 髙里一希君 (1年) に寄付金と自転車競技用の機材を贈った。 贈呈式は宮古高校で行われ、 下地会長がそれぞれに手渡した。
[全文記事]

市老ク連平良支部運動会で西辺学区が優勝

2018/11/06 09時04分配信 - スポーツ -

ファイル 20359-1.jpg
競技種目60㍍でゴールを目指し走る各学区代表=4日、 JTAドーム宮古島

 宮古島市老人クラブ連合会平良支部の第13回大運動会が4日、 JTAドーム宮古島で行われた。 池間、 狩俣、 西辺、 北、 久松、 鏡原、 平一、 宮島の8学区から350人が参加し、 60㍍や400㍍リレーで健脚を競った結果、 西辺学区が優勝を果たした。 準優勝は池間学区、 3位は鏡原学区となった。 競技の合間には各学区が踊りを披露するなど楽しむ姿も見られた。
[全文記事]

オリオンビール杯ママさんバレーで上野クラブV

2018/11/06 09時03分配信 - スポーツ -

ファイル 20358-1.jpg
優勝を果たした上野クラブチーム (提供写真)=4日、 上野体育館

 第2回オリオンビール杯ママさんバレーボール大会 (主催・オリオンビール、 共催・宮古島市ママさんバレーボール連盟) が4日、 上野体育館で行われた。 8チームが熱戦を展開した結果、 上野クラブが優勝を果たした。 閉会式ではオリオンビールから優勝の上野クラブ、 準優勝のひがしクラブ、 3位のみやびに賞状と賞品を贈呈。 最優秀選手などにも賞品があり、 全出場チームに参加賞が贈られた。
[全文記事]

エコマラソン、フル男子は仲間孝大が2連覇

2018/11/05 09時07分配信 - スポーツ -

ファイル 20355-1.jpg
秋風の中、 宮古島の雄大な自然を堪能する選手たち=伊良部大橋

 第9回エコアイランド宮古島マラソン (主催・宮古島市、 市教育委員会、 宮古島観光協会) が4日、 市陸上競技場と伊良部大橋 (伊良部島側) を発着点に行われ、 フル男子は仲間孝大 (沖縄県) が2時間52分54秒で2連覇、 同女子は我那覇昭子 (那覇市) が3時間40分15秒で2度目の優勝を果たした。 また、 ハーフ男子では与那嶺恭兵 (沖縄県)、 同女子は西岡真紀 (和歌山県) が優勝。 10㌔男子は杉山時之 (千葉県)、 同女子は五十嵐真美 (茨木健) が制した。
[全文記事]

【エコアイランド宮古島マラソン写真特集】

2018/11/05 09時06分配信 - スポーツ -

ファイル 20354-1.jpg
フルマラソン総合1位

秋空の下、景色堪能 ゴールへ宮古路疾る

◇フルマラソン総合1位
 「前日までは1㌔3分35~40秒くらいのペースで走れればと思っていた。 朝の湿度が90%くらいだったので厳しいレースになると予想できた。 途中でつらくてやめようかとも思った。 ペースも1㌔4分超えてしまった」 と話すのは2時間52分54で2連覇を果たした仲間孝大さん。
 「昨日までの雨で湿度が上がり、 晴れて気温も上がったことからエイドステーションでは必ず止まり水分補給をするようにした。 これまで出場したレースでも今回は暑いほう。 初めからトップで、 折り返し地点で2位と2分30秒ほど差があった。 25㌔あたりから体が熱くなってきてばててしまった。 優勝できると確信したのは競技場に入ってから」 とレースを振り返った。
 仲間さんは 「来月の那覇マラソンに出場を予定している。 目標は優勝。 それまでにハーフを2回くらい走りたい」 と話した。
[全文記事]

宮古地区中学駅伝、男子平良、女子北が優勝

2018/11/05 09時04分配信 - スポーツ -

ファイル 20352-1.jpg
4年ぶりの優勝を喜ぶとともに県大会に向けて気持ちを引き締める平良中男子チームのメンバーら=3日、 市陸上競技場

 第48回男子・第35回女子全宮古中学校駅伝競走大会 (主催・宮古中学校体育連盟) が3日、 市陸上競技場を発着点に行われた。 あいにくの雨模様の中、 男女それぞれ14校の選手たちがこれまでに積み上げてきた練習の成果を発揮しタスキをつないだ結果、 女子は北が4連覇を達成した。 男子は平良が4年ぶり8回目の優勝を果たした。
[全文記事]

ページ移動