記事一覧

高学年、上野が決勝制す ライカム杯学童野球

2021/10/25 09時02分配信 - スポーツ -

ファイル 25252-1.jpg
優勝を目指し試合に挑む学童ナインら=23日、市民サブ球場

 第3回ライカム杯学童軟式野球宮古地区大会が23、24の両日、市民球場と市民サブ球場で2日かけ行われ全試合を消化した。決勝戦は23日の低学年Bで南ファイターズが、24日の低学年Aで平一レンジャーズ、高学年で鏡原少年野球がそれぞれ制し優勝に輝いた。
 低学年Aでは平一が3回まで12点の大量得点を上げる一方、投手奥平が北を完封。Bでは南が北に先制されたものの3回に5点を奪い逆転、粘りを見せる北の追い上げを振り切った。
[全文記事]

嘉手納に敗れる 宮古・八重山連合チーム

2021/10/05 09時01分配信 - スポーツ -

ファイル 25156-1.jpg
試合後、応援席に向かって整列した連合チームの選手ら=3日午後、Agreスタジアム北谷

 第71回沖縄県高校野球秋季大会(主催・県高校野球連盟)の二回戦が3日、北谷町のAgreスタジアム北谷で行われ、宮古総合実業・宮古工業・八重山商工の連合チームは嘉手納高校と対戦し、5│14で7回コールド負けを喫した。
[全文記事]

ドリームズ16期生が始動 甲子園プロジェクト

2021/10/03 09時01分配信 - スポーツ -

ファイル 25150-1.jpg
練習を開始する前にミーティングを行った仲間新監督(右)=宮古高校グラウンド

 中学硬式野球チーム「宮古島ドリームズ」(仲間俊貴監督)の第16期生が2日、始動した。市内の中学校4校から約30人が参加し12月開催予定の県ジュニア育成会大会で優勝を目指す。監督には歴代最年少の仲間氏(30)、コーチは高校野球連盟の公式審判員を務めている下里大弥氏(27)が就任した。
[全文記事]

那覇商にコールド勝ち 宮古・八重山連合チーム

2021/09/28 09時02分配信 - スポーツ -

ファイル 25124-1.jpg
好投した宮國投手=コザしんきんスタジアム

【那覇支局】第71回沖縄県高校野球秋季大会(主催・県高校野球連盟)の1回戦が27日、県内各地で行われた。沖縄市のコザしんきんスタジアムでは宮古総合実業・宮古工業・八重山商工の連合チームが那覇商業と対戦し、14ー3の大差で五回コールド勝ちをした。相手のミスから先制点を奪い、その後も連打やミスを誘い、効率的に得点を重ね、反撃を抑えた。連合チームは来月3日に次戦は嘉手納と対戦する予定。
[全文記事]

トライアスロン、来年4月24日を予定

2021/09/02 09時05分配信 - スポーツ -

ファイル 25006-1.jpg
第1回競技委員会であいさつする砂川委員長=8月31日、市役所会議室

 宮古島トライアスロン実行委員会は31日、第37回全日本トライアスロン宮古島大会の第1回競技委員会(砂川恵助競技委員長)を市役所会議室で開催した。大会日程と要項を審議し承認したほか、新型コロナウイルス対策などの意見交換を行った。開催予定日は2022年4月24日。大会は20年が中止、21年が延期となったが、来年の開催についての最終判断は10月15日に予定している実行委員会総会で決定する方針。
[全文記事]

下地飛鳥さん(宮古総実3年)が実技の部で優勝 全国水産・海洋高校食品技能コンテスト

2021/09/02 09時03分配信 - スポーツ -

ファイル 25008-1.jpg
賞状を手に撮影に応じる下地さん=宮古総合実業高校

 宮古総合実業高校(大山正吾校長)食と環境科フードクリエイトコース3年の下地飛鳥さん(17)はこのほど、「第19回全国水産・海洋高等学校食品技能コンテスト」の実技の部で優勝、総合でも準優勝した。1日、同校視聴覚室で表彰伝達が行われた。
[全文記事]

ビーチサッカーW杯、日本準優勝 上里琢文(宮高卒)活躍

2021/08/31 09時04分配信 - スポーツ -

ファイル 24997-1.jpg
ビーチサッカーロシアW杯で史上初の準優勝に輝いた日本代表選手ら。上里選手は右から2人目=29日、モスクワ(提供写真)

 19日に開幕したFIFAビーチサッカーのワールドカップ(W杯)ロシア2021大会で、上里琢文選手(31)=宮古高校卒=を含む日本代表は史上初の準優勝という快挙を達成した。世界2位という好成績に地元関係者からは喜びの声が上がった。30日、大会を終えた上里選手は「日の丸を胸に大舞台に立つことは小さい頃からの夢だった。家族、宮古島からの応援を受け堂々とプレーできた」と喜びを報告した。
[全文記事]

ビーチサッカーロシアW杯に上里選手が出場 活躍祈念し市役所に懸垂幕

2021/08/20 09時05分配信 - スポーツ -

ファイル 24948-1.jpg
懸垂幕を掲げた宮國会長(右端)と上里選手を応援する友人ら=市役所

 宮古サッカー協会(宮國敏弘会長)と関係者らは19日、ビーチサッカーのロシアワールドカップ2021に日本代表として出場する宮古島市出身の上里琢文選手の活躍を祈念して市役所に懸垂幕を設置した。
[全文記事]

宮古体育大会、延期相次ぐ 新型コロナ感染拡大の影響で

2021/08/13 09時01分配信 - スポーツ -

 7月17日に開会宣言した第48回宮古体育大会(主催・宮古島市スポーツ協会)だが、市内の新型コロナウイルス感染拡大の影響で競技の日程延期が相次いでいる。8日のテニス大会を皮切りに始まる予定だった各競技は8月28日以降に延期され12日現在、実施に至っていない。
[全文記事]

城辺にフットボールパーク マラガCF宮古島校

2021/08/10 09時03分配信 - スポーツ -

ファイル 24904-1.jpg
競技場入り口に「フットボールパーク城辺」の看板が設置された=城辺陸上競技場

 サッカースクールのマラガCFジャパンアカデミー宮古島校(原完代表)はこのほど、城辺陸上競技場を宮古島市から無償で借り受けた。競技場の名称を「マラガCFフットボールパーク城辺」とし、サッカーを通した地域活性化にも取り組んでいくという。
[全文記事]

ページ移動