記事一覧

市民13人が朗読劇熱演

2022/01/11 09時03分配信 - 文化・芸能 -

ファイル 25575-1.jpg
(左から)砂川さん、平良桜さん、平良茜さんら宮古島市民が朗読劇を熱演した=9日、マティダ市民劇場

 宮古島の戦争証言を基にした創作劇「私の、そして、あなたの物語(せんそう)」が9日、宮古島市民13人が出演しマティダ市民劇場で上演された。沖縄県の文化を発信する「黄金(くがに)文化再発見」事業の一環として行われたもので、市民らの熱演に観客から大きな拍手が送られた。
[全文記事]

宮古島文学賞で2次選考 市文化協会

2022/01/07 09時04分配信 - 文化・芸能 -

ファイル 25558-1.jpg
第5回宮古島文学賞のチラシ

 宮古島市文化協会(饒平名和枝会長)は6日、第5回「宮古島文学賞」について第2次選考で8点の作品を決定したと発表した。2月3日に椎名誠氏、もりおみずき氏、大城貞俊氏による最終選考が行われ、一席、二席、佳作の入賞作品を決定し、同4日に公表する予定となっている。今回の文学賞にはジャンルを問わない短編小説79点の応募があり、12月8日の1次選考で20点を絞り込んだ。2次選考は5日に行われた。
[全文記事]

クイチャーの日「9月18日」候補に協議

2021/12/28 09時05分配信 - 文化・芸能 -

ファイル 25536-1.jpg
さまざまな関係団体が集まってフォーラムを開いた=26日、未来創造センター多目的ホール

 クイチャーフェスティバル実行委員会(佐渡山武士委員長)は26日、市未来創造センター多目的ホールでクイチャーフォーラムを開いた。コロナ禍で第20回大会は通常通り開催できなかったが、歴史を途切れさせないため行ったもの。宮古島市各地の保存会など伝統芸能に関わる団体が多く参加し、大会のあり方などについて協議。9月18日を候補に「クイチャーの日」制定を目指すことを決定し、次世代への継承に力を合わせることを誓った。
[全文記事]

下地さんら県文化協会賞 しまくとぅば普及で小川さん

2021/12/26 09時04分配信 - 文化・芸能 -

ファイル 25530-1.jpg
賞状を伝達された(左から)友利さん、下地さん、久貝さん、小川さん=未来創造センター多目的ホール

 県内で地域文化の振興に多大な貢献をした個人・団体に授与される2021年度県文化協会賞の伝達式が25日、市未来創造センター多目的ホールで行われ、功労賞の下地昭五郎さん、奨励賞の久貝弥嗣さん、団体賞の琉球國祭り太鼓宮古支部に市文化協会から賞状が手渡された。また県文化スポーツ部の21年度県しまくとぅば普及功労者表彰を受賞した小川榮子さんにも賞状が贈られた。
[全文記事]

市民ら「銀河鉄道」堪能 きょう「赤毛のアン」

2021/12/26 09時02分配信 - 文化・芸能 -

ファイル 25532-1.jpg
小学生から高校生を招待してミュージカルを上演した=マティダ市民劇場

 マティダ市民劇場で25日、ミュージカル「銀河鉄道の夜に」が上演され、集まった市民は華やかな歌声とダンスを堪能した。三線や尺八を交えてのクリスマスコンサートも行われた。きょう26日は「赤毛のアン」が上演され、小学生から高校生までを無料招待。招待券は当日も受け付ける。
[全文記事]

佐藤さん平和ポスターが米国本選出品

2021/12/16 09時03分配信 - 文化・芸能 -

ファイル 25485-1.jpg
佐藤さん(北中1年)の作品「世界を結ぶ」(提供)

 宮古ライオンズクラブは15日、ライオンズ国際本部(米国)が主催する「国際平和ポスターコンテスト」本審査に、北中学校1年生の佐藤茉陽夏さんの作品「世界を結ぶ」が九州沖縄代表として出品されることが決まったと発表した。
[全文記事]

宮古民謡協会 受賞者に賞状とメダル授与

2021/12/14 09時03分配信 - 文化・芸能 -

ファイル 25475-1.jpg
民謡コンクールで各賞を受賞した人たち=12日、西原町中央公民館

 【那覇支局】沖縄宮古民謡協会(天久光宏会長)は12日、2021年度第2回理事会と第41回民謡コンクール受賞式を西原町中央公民館で開催した。11月に行われた民謡コンクールの受賞者報告、教師や師範試験を22年2月に実施することやさんしんの日の公演を実施することなどを確認した。
[全文記事]

2年ぶり青少年国際音楽祭 国内外演奏家と合奏

2021/12/14 09時02分配信 - 文化・芸能 -

ファイル 25476-1.jpg
国内外の演奏家と宮古島市ジュニアオーケストラの子どもたちが同じ舞台で演奏したみやこじま青少年国際音楽祭=12日、マティダ市民劇場

 みやこじま青少年国際音楽祭2021(主催・同実行委員会)が12日、マティダ市民劇場で開催された。宮古島市ジュニアオーケストラの子どもたちが国内外の弦楽器演奏家とクラシックの名曲などを合奏した。新型コロナの影響のため海外の演奏家はオンラインでの出演となり、入場者数を制限するなど感染防止対策を行って開催され、訪れた聴衆は2年ぶりの音楽祭を楽しんでいた。
[全文記事]

粕谷誠二さん本部長賞 美ら海灯台フォトコン

2021/12/12 09時03分配信 - 文化・芸能 -

ファイル 25469-1.jpg
第11管区海上保安本部長賞・粕谷誠二さんの作品「宇宙と灯台」

 第11管区海上保安本部はこのほど、美ら海灯台フォトコンテスト2021の審査結果を発表した。被写体対象となった平安名埼灯台(宮古島市城辺保良)で8点、残波岬灯台(読谷村)で9点が入賞した。平安名埼灯台では、同本部長賞に粕谷誠二さん(宮古島市)の「宇宙と灯台」、県知事賞に加藤利忠さん(静岡県富士宮市)の「月光と灯光の共演」が選ばれた。
[全文記事]

藝能まつり来年4月3日開催へ 宮古郷友連合会

2021/12/08 09時01分配信 - 文化・芸能 -

ファイル 25451-1.jpg
活発な意見が交わされた全体役員会=5日、那覇市の船員会館

 【那覇支局】沖縄宮古郷友連合会(富田詢一会長)は5日、那覇市の船員会館で全体役員会を開いた。2022年4月3日に浦添市のアイム・ユニバースてだこホールでの公演を予定する第32回藝能まつりの実施要項や構成内容などを確認し、開催に向けて議論した。
[全文記事]

ページ移動