記事一覧

宮古民謡保存協会が宮古民謡の夕べ開催

2018/11/13 09時04分配信 - 文化・芸能 -

ファイル 20402-1.jpg
日ごろの練習の成果を披露し息の合った演奏を見せる研究所のメンバーら=11日、 マティダ市民劇場

 宮古民謡保存協会 (喜屋武稔会長) の 「第23回宮古民謡の夕べ」 が11日、 マティダ市民劇場で行われた。 各民謡研究所の会員らが日頃の稽古の成果を披露。 会場には大勢の人が詰めかけ、 秋の夜に流れる三線演奏での宮古民謡を楽しんだ。
[全文記事]

全琉婦人芸能大会で上野婦人会が堂々披露

2018/11/13 09時03分配信 - 文化・芸能 -

ファイル 20401-1.jpg
「平安宮ぬまちゃ小・宮國くぬ姉小」 で息の合った軽快な舞を披露した上野学区婦人会=11日、 浦添市てだこホール

【那覇支局】県婦人連合会 (本永静江会長) 主催の第40回全琉婦人芸能大会が11日午後、 浦添市てだこホールで行われた。 県内各地区の婦人会が参加し、 日ごろの練習成果を堂々と披露。 宮古地区からは上野学区婦人会 (砂川恵子代表ら10人) が代表で参加し、 研鑽を重ねた 「平安宮ぬまちゃ小・宮國ぬ姉小」 で万雷の拍手を受けていた。
[全文記事]

消滅危機言語継承むけ、24日に方言サミット開催

2018/11/07 09時07分配信 - 文化・芸能 -

ファイル 20369-1.jpg
サミットと方言大会に多くの市民に参加するよう呼びかける下地市長 (中央) と宮国教育長 (左)、 大城会長=市役所平良庁舎

 国内の消滅危機言語とされる8言語の地域の研究者らが集う 「危機言語・方言サミット」 (主催・文化庁など) が今月24日からマティダ市民劇場で開催される。 基調講演や取り組み事例の報告、 方言の聞き比べを通して言語・方言の継承について関係者が語り合う。 これに先立ち6日、 宮古島市の下地敏彦市長らが会見し、 多くの市民に参加を呼び掛けた。 また、 関連事業として25日には 「鳴りとぅゆんみゃ~く方言大会」 チャンピオン大会が開かれる。
[全文記事]

全国はがき筆文字展始まる

2018/11/02 21時05分配信 - 文化・芸能 -

ファイル 20345-1.jpg
全国はがき筆文字展開会式でテープカットを行う大賞を受賞した児童や来賓ら=市中央公民館

 第2回全国はがき筆文字展 (主催・同実行委員会) が2日、 宮古島市中央公民館で始まった。 会場には保育園児から102歳の高齢者までの作品が昨年の約2倍となる2993点展示され、 選んだ漢字や言葉に込めた思いや願いなども添えられている。 4日まで。
[全文記事]

森田たもつさんが九州芸術祭文学賞沖縄地区で次席

2018/11/02 21時04分配信 - 文化・芸能 -

 第49回九州芸術祭文学賞沖縄地区の選考結果が2日に発表され、 地区次席に森田たもつさん (59) =宮古島市=の 「コケシ」 が選ばれた。 優秀作には平田健太郎さん (65) =沖縄市=の 「兎」 が輝いた。
[全文記事]

宮高軽音楽部がガクアルFESTAで優勝

2018/11/02 21時02分配信 - 文化・芸能 -

ファイル 20342-1.jpg
=写真=

 第1回ガクアルFESTA高文連軽音楽コンテスト (主催・ガクアル、 高校文化連盟) が10月27日、 沖縄市のコザミュージックタウン音市場で開催され、 県立宮古高校 (平良智枝子校長) の軽音楽部=写真=が、 団体の部で優勝した。 また、 高文連特別賞をダブル受賞し、 2019年8月に開催される全国大会への出場権を獲得した。
[全文記事]

来間島ヤ―マス御願、3プナカ集落内パレード

2018/10/31 09時07分配信 - 文化・芸能 -

ファイル 20326-1.jpg
ヤーマス祭で威勢よく棒を打ち鳴らすウプヤープナカの男性ら=下地来間の雨乞い座

 五穀豊穣と子孫繁栄を願う来間島の伝統行事 「ヤーマス御願」 2日目の30日、 3兄弟のプナカ (祭祀集団) がそれぞれに伝わる棒踊りなどを踊りながら集落内をパレードした。 引き続き 「雨乞い座」 で祝宴が行われ、 各プナカの踊りが披露されたほか、 八重山郷友会も踊りで参加した。 会場には地域住民や郷友会のほか観光客なども詰めかけ、 脈々と受け継がれる伝統の祭りをカメラやスマートフォンに収めていた。
[全文記事]

【伝統のヤーマス御願写真特集】

2018/10/31 09時06分配信 - 文化・芸能 -

ファイル 20325-1.jpg
勇壮なかけ声とともに息の合った棒踊りを披露するスムリャープナカの男性ら=下地来間の雨乞い座

伝統のヤーマス御願

【ミャークヅツ写真特集】

2018/10/31 09時01分配信 - 文化・芸能 -

ファイル 20320-1.jpg
ミャークヅツ2日目は集落内パレードが行われた=西原

池間民族ミャークヅツ 「ヒヤサッサ」クイチャー奉納「ヒヤサッサ」クイチャー奉納

来間島のヤーマス御願始まり、子孫繁栄願う

2018/10/30 09時06分配信 - 文化・芸能 -

ファイル 20318-1.jpg
来間島の伝統行事ヤーマス御願 「マスムリ」 で御酒を飲み干す参加者=ウプヤーブナカ、 砂川輝夫さん宅

 旧暦9月甲午 (きのえうま) の29日、 来間島の子孫繁栄と豊年を願う伝統行事 「ヤーマス御願」 が始まった。 島建て伝説に由来する3兄弟のブナカ (祭祀集団) のヤームトゥに島内外から縁者が結集し、 ハヤシ歌とともに御酒をまわし飲み、 この1年間で生まれた赤ん坊を祝う 「マスムリ」 が行われた。 きょう2日目は集落内をパレードし、 「雨乞い座」 で祝宴を行う。
[全文記事]

ページ移動