記事一覧

伊良部大橋橋詰広場造成工事 進ちょく率は40%

2019/04/17 09時05分配信 - 政治・行政 -

ファイル 21172-1.jpg
急ピッチで敷地造成工事が進められている伊良部大橋橋詰広場の完成予想図 (宮古土木事務所提供)

 伊良部大橋の伊良部島側たもとで工事が進められている 「伊良部大橋橋詰広場」 の造成工事は順調に進んでおり、 進ちょく率は2018年度までに約40%に達しているという。 同工事を担当する県宮古土木事務所では、 今年度中に工事を完了し、 地域振興施設の建設を計画している宮古島市に事業を引き継ぐ。
[全文記事]

異常気象時の対応確認 市と気象台ホットライン訓練

2019/04/17 09時03分配信 - 政治・行政 -

ファイル 21174-1.jpg
ホットライン伝達訓練で電話を受ける下地市長=市役所平良庁舎

 宮古島地方気象台の白川嘉茂台長と宮古島市の下地敏彦市長が異常気象時の対応を確認するホットライン伝達訓練が16日午前9時半から実施された。 台風特別警報を想定し、 白川台長が特別警報発表を連絡して警戒を呼びかけ。 下地市長が 「速やかに避難勧告などの発令を検討する」 などと対応した。
 訓練後、 下地市長は 「今年も気象台と情報の交換をしっかりやろうということでホットラインの訓練を実施した。 現実に大きな台風や暴風、 地震、 大雨等が発生した場合には気象台から速やかに連絡を頂けるという形になっている。 それを受け、 すぐさま対策本部を設置し市民の生命・財産が安全に確保されるよう努力していく」 と説明した。
[全文記事]

「水圧基準は守って」宮古都市計画公園で説明会

2019/04/13 09時03分配信 - 政治・行政 -

ファイル 21156-1.jpg
都市計画公園の概要について確認する地域住民ら=11日、 与那覇区コミュニティセンター

 県宮古土木事務所 (平良勝一所長) は11日夜、 宮古都市計画公園の変更にかかる住民説明会を市下地の与那覇区コミュニティセンターで実施した。 「9・6・1号宮古広域公園」 の都市計画決定に向けて地元の与那覇地区の住民を対象に行われたもので、 25人が参加して概要に認識を深めるとともに、 「家の前を1日何十台、 何百台と車が通ると思うと頭が痛い。 排気ガスやトイレの臭いも心配。 メイン駐車場を住宅地から離れた中央部分に変更してほしい」 「夏場は東急のプールや前浜のシャワーの影響か庭に散水しようとしてもチョロチョロっとしか出ない時もある。 水圧だけは基準を守ってほしい」 などと声を上げていた。
[全文記事]

上里氏発言、継続審査へ 市議会懲罰特別委員会

2019/03/30 09時05分配信 - 政治・行政 -

ファイル 21092-1.jpg
上里氏の発言に対し意見を述べる懲罰特別委員会委員ら=市役所平良庁舎

 宮古島市議会 (佐久本洋介議長) は29日、 市役所平良庁舎6階会議室で上里樹氏の一般質問の発言が円滑な進行を妨げ、 議会の品位を貶めたとして懲罰特別委員会 (高吉幸光委員長) を開いた。 発言については、 与党委員が 「不穏当発言であり懲罰に値する」 と述べた一方、 野党委員は 「港湾で見たことを発言したことであり、 不穏当発言とは受け止めていない」 などと意見が割れた。 過去の審査などを踏まえた上で 「議員の身分のことなので慎重な審査が必要である」 として継続審議とした。 引き続き行われた本会議では高吉委員長から閉会中の継続審査を要するとの報告があり、 異議はなく了承された。
[全文記事]

「それぞれの道で元気に」 市が定年退職者に辞令

2019/03/30 09時01分配信 - 政治・行政 -

ファイル 21096-1.jpg
下地市長(前列中)から辞令と花束を受け、にこやかな表情を見せる定年退職者たち=市役所平良庁舎

 宮古島市 (下地敏彦市長) は29日、 2018年度定年退職者への辞令交付式を市役所平良庁舎で実施した。 同日付で定年退職を迎えた砂川一弘振興開発プロジェクト局長、 仲宗根均会計管理者らに退職辞令を交付した。 今年度の定年退職者は計33人。 市長部局16人、 会計管理者、 消防本部1人、 教育委員会7人が出席し下地市長や来間克消防長、 宮國博教育長から辞令と記念の花束を受け取った。
[全文記事]

上里氏発言、議長職権で削除 与党了承で正常化

2019/03/29 09時05分配信 - 政治・行政 -

ファイル 21087-1.jpg
上里氏の発言は不穏当として議長職権で削除し正常化した市議会3月定例会=同議会議場

 宮古島市議会 (佐久本洋介議長) 3月定例会は28日、 前日の一般質問で上里樹氏 (共産) が 「市役所は市民を罪人扱いして排除した」 と発言したことについて、 佐久本議長は 「不穏当な発言」 とし地方自治法の規定により議長職権で削除した。 上里氏は 「議長職権には何も言うことはないが、 削除する根拠を示してほしかった」 と話した。 下地敏彦市長は 「議長から議会の正常化に協力してほしいと言われた」 と述べ、 発言の撤回と謝罪が無かったことには 「議長が職権で処理したので、 それで良い」 と理解を示した。 前日、 5時間余の空転の末に定足数に達せず流会し、 この日の動向が注目された議会は佐久本議長が与党議員を説得した形で正常化に戻った。
[全文記事]

酒気帯び運転検挙の砂川氏 辞職勧告決議を可決

2019/03/29 09時04分配信 - 政治・行政 -

ファイル 21088-1.jpg
砂川辰夫氏への辞職勧告決議案が挙手採決の結果、 賛成多数で可決された=市議会議場

 開会中の宮古島市議会 (佐久本洋介議長) 3月定例会は28日、 同議場で最終本会議が行われ、 市当局が提出した2019年度一般会計予算案などを審議・承認した。 このうち議会運営委員会 (粟国恒広委員長) が提出した 「砂川辰夫君に対する議員辞職勧告決議」 では挙手採決の結果、 賛成多数で可決した。 議会の判断を受け、 砂川氏は 「これまで辞職せず議員職を全うして頑張りたいと言ってきたが、 真摯に受け止めて後援会などいろんな方と相談し、 じっくり考えて判断したい」 との見解を示した。
[全文記事]

一般質問最終日「罪人扱い発言」で空転、流会

2019/03/28 09時05分配信 - 政治・行政 -

ファイル 21082-1.jpg
一般質問で追及する上里氏

 開会中の宮古島市議会 (佐久本洋介議長) 3月定例会一般質問5日目の27日、 平良港で陸上自衛隊が車両配備のため利用した際に抗議した市民団体を警察が排除したことについて、上里樹氏 (共産) が 「なぜ市役所は市民を罪人扱いし排除したのか」 と追及。 この発言に下地敏彦市長は事実誤認があるとした上で 「罪人扱いの発言の撤回と謝罪しないかぎり答弁できない」 と拒否したことから約5時間にわたり空転。 この間、 佐久本議長が調整を図ったが、 上里氏は発言の撤回と謝罪に応じることが出来ないと態度を変えず、 これに与党議員は、 このままでは議場に入れないとしたため午後4時に流会した。 最終本会議の28日は午前10時に開会するが、 正常化へ向けて佐久本議長は 「与党議員を説得したい」 と話した。
[全文記事]

市民課が大混雑 転入出の手続きピーク

2019/03/28 09時04分配信 - 政治・行政 -

ファイル 21083-1.jpg
転入転出手続きで連日混雑の続く市民課ロビー=市役所平良庁舎

 市役所平良庁舎の市民課では年度末の転出手続き増で窓口は混雑を極めているが、 年度初めの4月1日からは転入手続きも大幅に増加することが予想されることから、 混雑解消に早めの申請を呼びかけている。
[全文記事]

市議会で上地氏が法定外目的税で質問

2019/03/26 09時05分配信 - 政治・行政 -

ファイル 21072-1.jpg
法定外目的税など質問する上地氏

 開会中の宮古島市議会(佐久本洋介議長)3月定例会一般質問3日目の25日は上地廣敏、 高吉幸光、 粟国恒広、 友利光徳の4氏が登壇した。 上地氏が質問した庁内検討委員会を立ち上げ議論を進めている法定外目的税について、 友利克企画政策部長は 「関係者が入った作業部会では 『宿泊税』 が最も導入の可能性が高い結果を得ている」 と答弁し、 県も宿泊税導入の検討を進めていることから、 その情勢を総合的に見ながら調査研究を継続していく考えを示した。 下地中学校グラウンド改修工事については宮國博教育長が 「県との調整を進め、 新年度の4月には工事発注し、 8月完了の見込みで進めたい」と理解を求めた。
[全文記事]

ページ移動