記事一覧

地域安全ポスター・標語 本村夏海さん県最優秀

2018/11/16 09時07分配信 - 社会・一般 -

ファイル 20426-1.jpg
前花署長 (後列右) らから受賞した皆さんに表彰状が伝達された=14日、 宮古島警察署

 2018年度防犯功労団体及び全国地域安全運動ポスター・標語等表彰伝達式が14日、 宮古島警察署で行われた。 同運動用ポスター部門で県最優秀賞を受賞し、 全国でも佳作となった本村夏海さん (上野中3年) をはじめ2団体6個人に伝達された。
[全文記事]

多良間開運建造検討委 総事業費19億円見込む

2018/11/16 09時06分配信 - 社会・一般 -

ファイル 20425-1.jpg
次期新造フェリーの建造資金について話し合う検討委員会=平良港ターミナル会議室

 多良間海運 (代表社員=伊良皆光夫村長) の船舶建造計画検討委員会が15日、 平良港ターミナル会議室で行われた。 次期新造フェリーの建造資金について公営航路で離島航路安定化支援事業の補助を受ける方針を確認した。 新造フェリーは総トン数499㌧、 総事業費19億円を見込み、 2020~21年度の建造を予定している。
[全文記事]

宮総実校3年の武富くん 三級海技士全科目合格

2018/11/16 09時05分配信 - 社会・一般 -

ファイル 20424-1.jpg
平良校長 (左) や砂川教諭と 「三級海技士」 全科目の合格を報告した武富君 (中央) =宮古総合実業高校

 宮古総合実業高校 (平良淳校長) 海洋科学科3年の武富雅君がこのほど、 海技士国家試験 「三級海技士」 (航海) の筆記試験全科目に合格した。 報告が15日に同校で行われ、 「とてもうれしい」 と笑顔を見せた。 この日は就職先が琉球海運に内定していることの報告もあり、 今後乗船や口述試験を得ての三級海技士資格を目指す武富君は将来の目標である船長へ大きく前進した。
[全文記事]

宮古島社交飲食業組合奥平組合長 厚労大臣表彰

2018/11/16 09時04分配信 - 社会・一般 -

ファイル 20423-1.jpg
厚労大臣功労賞を受賞した奥平組合長 (右2人目) と受賞を喜ぶ会員=宮古新報社

 宮古島社交飲食業生活衛生同業組合の奥平玄信組合長がこのほど長年にわたり生活衛生の向上発展に尽力したとして厚生労働大臣功労賞を受賞した。 15日、 組合の理事らと宮古新報社を訪れ受賞を報告するとともに今後も地域貢献活動などに取り組みたいと意欲を見せた。 表彰式は10月26日に東京都のホテルで行われた。
[全文記事]

国際心相科学協会の宮城さんがチャリティー講演

2018/11/16 09時03分配信 - 社会・一般 -

ファイル 20422-1.jpg
運と会社経営をテーマに講演する宮城悟さん=市中央公民館視聴覚室

 宮古島商工会議所女性会 (平良幸子会長) は15日、 市中央公民館でチャリティ講演会を開催した。 国際心相科学協会長の宮城悟さんが 「運を見方にする経営」 と題し、 運と会社経営の関係などについて語った。 同会だけでなく協賛する市女性団体連絡協議会の会員など定員を超える大勢が訪れて講演に耳を傾けた。
[全文記事]

県文化功労者表彰受賞の下地さんが市長に報告

2018/11/16 09時02分配信 - 社会・一般 -

ファイル 20421-1.jpg
下地市長に県文化功労者表彰を報告した下地さん (左) =市役所平良庁舎

 2018年度沖縄県文化功労者表彰を受けた元宮古苧麻績み保存会会長で国選定保存技術 「苧麻糸手績み」 技術保持者の下地正子さんが15日、 市役所平良庁舎に下地敏彦市長を訪ね、 受賞を報告した。 下地さんは 「応援団長として引き受け一生懸命に糸を作ってきた」 と振り返り、 「宮古上布は国の宝であり支えていかないといけない」 などと今後にも意欲を見せた。
[全文記事]

県青少年育成大会で伊計蘭菜さん善行表彰

2018/11/16 09時01分配信 - 社会・一般 -

ファイル 20420-1.jpg
表彰を受け笑顔を見せる (前列右から) 照屋さん、 伊計さん、 友利さん、 (後列右から) 池間さん、 根間さん、 長元さん=県庁講堂

【那覇支局】第39回沖縄県青少年育成大会 (主催・県、 県教育委員会ほか) が15日午後、 「守り育てよう 美ら島の子」 を大会テーマに県庁講堂で行われた。 善行青少年など48個人・団体が表彰され、 宮古からは善行青少年の部で伊計蘭菜さん (城辺中3年) が受賞。 2018年度 「青少年の深夜はいかい防止県民一斉行動」 標語の部県知事賞に照屋海音さん (宮古総合実業高2年)、 県青少年育成県民会議会長賞に根間梨結さん (北中3年)、 同ポスターの部県教育長賞に長元あいりさん (同2年)、 県青少年育成県民会議会長賞に池間新さん (砂川中1年) にそれぞれ輝き、 18年度 「家庭の日」 絵画・ポスターコンクール児童の部最優秀賞に友利麗良さん (鏡原小5年) が入賞した。
[全文記事]

宮古空港デジタルサイネージが本格稼働

2018/11/15 09時07分配信 - 社会・一般 -

ファイル 20419-1.jpg
一日平均4500人余が利用する宮古空港に設置されたデジタルサイネージ=同空港搭乗待合室

 宮古空港ターミナル (下地義治社長) が旅客ビル内に設置したデジタルサイネージ (電子看板) が今月から本格的に稼働を始めた。 企業広告や同社が取り組む太陽光発電と電気自動車 (EV) の利用法の普及啓発をはじめ、 地域のイベントや小規模生産者の情報、 旅客参加型コンテンツなどの放送を考えている。 1日に数千人が必ず通る場所での存在感あふれる映像に効率的、 効果的な情報発信が期待される。
[全文記事]

誘導・伝達「大声で」、宮古病院で消防訓練

2018/11/15 09時04分配信 - 社会・一般 -

ファイル 20416-1.jpg
消防訓練で救護テントに搬送された患者の容体を確認する医師=県立宮古病院

 県立宮古病院 (本永英治院長) は14日、 自衛消防訓練を行った。 院内で火災が発生したことを想定し、 初期消火や患者の避難誘導、 救護など一連の対応を訓練した。 市消防本部のはしご車も参加して高所に取り残された人の救助も行った。 消防署員からは避難誘導や伝達は大きな声で行うなどのアドバイスがあった。
[全文記事]

安全な車イス介助を、JTAがおもてなし講習会

2018/11/15 09時03分配信 - 社会・一般 -

ファイル 20415-1.jpg
操作を確認しながら車イスを押すスタッフ=宮古空港

 日本トランスオーシャン航空宮古空港所 (小堀健一所長) は14日、 障がいのある利用者に対するおもてなし講習会を行った。 同所のグラウンドスタッフらが実際の業務で行っている車イス操作をカウンターから機内まで2人1組で行い、 講師から注意点やアドバイスを受けた。
[全文記事]

ページ移動