記事一覧

光の村養護トライアスロン16日スタート

2018/10/16 09時04分配信 - 社会・一般 -

ファイル 20230-1.jpg
手作りの三線を弾きながら 「豊年の歌」 を歌う生徒たち=市役所平良庁舎

 卒業旅行で3日間かけてトライアスロンに挑戦する光の村養護学校土佐自然学園・秩父自然学園高等部の生徒らが15日、 宮古島市役所平良庁舎を表敬訪問し、 和太鼓を演奏するとともに競技に向け 「練習の成果を思う存分発揮します」 とシュプレヒコールを上げた。
[全文記事]

架空請求詐欺に注意呼びかけ

2018/10/16 09時03分配信 - 社会・一般 -

ファイル 20229-1.jpg
関係者らが銀行利用者たちへ詐欺被害未然防止を訴えるチラシなどを配布した=琉球銀行宮古支店

 年金支給日となった15日、 琉球銀行宮古支店で宮古かぎすま安全なまちづくり推進協議会は市内の金融機関で振り込め詐欺等の特殊詐欺被害未然防止に向けた広報活動を実施し、 金融機関利用者らに対して注意を呼びかけた。
[全文記事]

シギラリゾートで「ハロウィン」イベント

2018/10/16 09時02分配信 - 社会・一般 -

ファイル 20228-1.jpg
おばけに扮したシギラのスタッフ=ホテルブリーズベイのロビー

 ユニマットプレシャス (大庭雅志代表) は15日、 ホテルブリーズベイマリーナで会見し、 1日から開催しているシギラリゾートの 「南の島の楽園ハロウィン」 のイベントの内容を発表した。
[全文記事]

浄化槽の日にちなみ啓発活動でパンフレット配布

2018/10/15 09時06分配信 - 社会・一般 -

ファイル 20225-1.jpg
「浄化槽の日」 普及啓発事業のイベントでパンフレットを配布した=13日、 メイクマン宮古店前

 宮古保健所は13日、 メイクマン宮古店前で 「浄化槽の日」 普及啓発事業のイベントを実施した。 同所生活環境班職員が買い物客らに浄化槽の維持管理などを呼びかけるパンフレットを配布した。
[全文記事]

ミライ経済活動WS 児童生徒が地域通貨疑似体験

2018/10/15 09時05分配信 - 社会・一般 -

ファイル 20224-1.jpg
宮古島で使える地域通貨について考える児童たち=レンタルオフィス&子ワーキングスペース 「mugi」

児童生徒に地域通貨とその付加価値を作る模擬体験をしてもらうワークショップ 「近いミライの経済活動を体験しよう」 (主催・Mya‐hkLAB.、 NEM) が14日、 平良西里のレンタルオフィスで行われた。 小学4年生から高校1年生が参加し、 もし宮古島で地域通貨を作った場合の名前やサービスなどを意見交換しながら考えた。 今後も数回のワークショップを予定しており、 児童生徒が考案した地域通貨を使えるイベントも考えている。
[全文記事]

パニパニFキャステムのフィルム農法ハウス完成 

2018/10/15 09時02分配信 - 社会・一般 -

ファイル 20221-1.jpg
全天候型フィルム農法のハウス内を管理するセンサー (中央) =上野字上野

 上野側嶺に全天候型アイメック (フィルム農法) のハウスが完成した。 パニパニファームキャステム (木村仁代表) が建設したもので、 施設内の状況をセンサー等で管理して散水や施肥などを全自動で行える。 コストをかけず効率的に一定の品質の野菜を栽培できるという。 近くフルーツトマトを植え付け、 12月末にも収穫を予定している。
[全文記事]

2018サシバ俳句コンテストで新城君が大賞に

2018/10/15 09時01分配信 - 社会・一般 -

ファイル 20220-1.jpg
サシバ俳句コンテストで表彰された新城君 (前列左から3人目) ら=13日、 伊良部中学校体育館

 日本自然保護協会 (亀山章理事長) 主催の 「2018サシバ俳句コンテスト表彰式」 が13日、 伊良部中学校体育館で行われた。 宮古島市内の小中学生や高校生から応募のあった作品451句から審査の結果、 新城楓澄君 (平良中2年) の作品 「サシバ飛ぶ 飛行機雲を 追いかけて」 が大賞に輝いた。 このほか日本自然保護協会賞など各賞5句と佳作23句も決まった。 表彰式では作品を紹介しながら賞状と副賞が贈られた。 表彰式の前には 「宮古から世界へ広がるサシバ保護」 と題した市民カレッジもあり、 絶滅が危惧されているサシバ保護活動についての取り組みなどが語られた。
[全文記事]

休刊日のお知らせ

2018/10/14 09時01分配信 - 社会・一般 -

 昨日10月13日(土)は、新聞製作お休みのため、本日は記事が更新されません。
 ご了承下さい。

県適応指導教室連絡協議会主催の講演会

2018/10/12 21時04分配信 - 社会・一般 -

ファイル 20215-1.jpg
講演に熱心に耳を傾ける参加者たち=市中央公民館

 沖縄県適応指導教室連絡協議会主催の 「2018年度宮古地区講演会」 が12日、 宮古島市中央公民館で開催された。 星の会 (不登校を考える親の会) の加嶋文哉代表が講師を務め、 不登校の子どもの支援は 「学校復帰」 を目指すのが目的ではないと説明し、 「今を生きる」 ことが大切と話した。
[全文記事]

危険従事者叙勲、上地さん、大山さんが受章

2018/10/12 21時03分配信 - 社会・一般 -

ファイル 20214-1.jpg
上地盛壽さん

 政府は13日付で、 著しく危険性の高い業務に精励した人に贈られる危険業務従事者叙勲の受章者を発表した。 このうち宮古関係者は警察功労で元警部の上地盛壽さん (70) =平良字西里=、 防衛功労で元2等空尉の大山勝美さん (61) =平良字狩俣=がそれぞれ瑞宝単光章を受章する。 2人は叙勲の喜びとともに現役時代の思い出、 感謝の気持ちなどを語った。
[全文記事]

ページ移動