記事一覧

【記者リポート】山羊組合設立・下

2018/04/19 09時05分配信 - 連載・企画::記者リポート -

ファイル 19117-1.jpg
網状の床で糞が下に落ちるようになっているスノコ式の山羊舎=伊良部

 「同じエサ代、 同じ労力をかけるなら大型種にしなければ」。 宮古島市山羊生産流通組合理事で平良福山の砂川寛裕さんは品種改良の必要性を強調する。 施設園芸農家で元々山羊はハウス周辺の除草、 修学旅行民泊の生徒の体験や孫を楽しませようと飼っていたが、 今は放牧地を借りて10数頭を飼育している。 30~40頭への増頭を目指しており、 組合結成を機に本格的に生産を始めようとしている。
[全文記事]

宮古島市山羊生産流通組合設立

2018/04/18 09時05分配信 - 連載・企画::記者リポート -

ファイル 19110-1.jpg
宮古島市でも組合が結成され、 本格的な生産が取り組まれていく山羊=平良福山

 先月末、 宮古島市山羊生産流通組合が設立された。 数年前から沖縄で山羊肉食が見直され、 需要が増える一方で供給の半数以上を輸入で賄っている状況にあり、 県内各地で生産振興の気運が高まっている。 宮古島市では約600頭が飼育されているが、 産業的にはほぼゼロからの出発であり同組合では生産流通及び地産地消の体制の構築を目指す。 当面は飼養管理技術の普及と品種改良、 経済動物としての地位確立が求められている。
[全文記事]

「人」県会計管理者 伊川秀樹さん

2018/04/17 09時04分配信 - 連載・企画::人 -

ファイル 19102-1.jpg
伊川秀樹さん

【那覇支局】「数十億円という規模の大きな決済などが回ってくるので、 やはり緊張の毎日。 この緊張感を常に持ち続けて業務に取り組まないといけない」 と語るのは、 2018年度から県会計管理者に就任した市平良島尻出身の伊川秀樹さん=島尻郡八重瀬町在住。 「会計管理者は、 会計事務の適正な執行を確保するための内部牽制の仕組みとして、 職務上知事から独立して設置されている。 その役割と責任を踏まえ公金支出の厳正な審査、 現金及び物品の適正な出納・保管、 会計事務に関する指導等に引き続き取り組んでいく」 と意気込みを語った。
[全文記事]

宮古公共職業安定所長 渡真利直人さん

2018/04/12 09時04分配信 - 連載・企画::人 -

ファイル 19073-1.jpg
渡真利直人さん

 「いま宮古島は観光が好調で人手不足が生じている。 その対策を考えていきたい」 と抱負を話す渡真利さん。 4月1日付で沖縄公共職業安定所次長から宮古公共職業安定所長に就任した。 宮古での勤務は初めてで 「20回ほど出張で来ているが、 青い海、 青い空、 人情豊かなところと感じている。 小規模な職場なので職員とのコミュニケーションを密に取って楽しく仕事できれば」 と話した。
[全文記事]

【記者リポート】冬のメロンを特産品に

2018/03/17 21時06分配信 - 連載・企画::記者リポート -

ファイル 18924-1.jpg
店頭でメロンに 「食べ頃」 を記したカードを添えるコンシェルジュ=島の駅みやこ

 「島の駅みやこ」 が12月から2月にかけて本格的なメロン販売に取り組んだ。 宮古島産メロンは商品として知名度が低かったが、 農家と連携した継続的な出荷や店頭でのきめ細かな販促により、 観光客だけでなく地元客にも年末年始の贈答品などとして求められ、 売上を前年の約2倍に伸ばした。 品質や味は良く一度食べてもらえばリピーターになると手応えを感じており、 「夏のマンゴー、 冬のメロン」 を目指す。
[全文記事]

人=宮古島市議会議長に就任した嵩原弘さん

2017/11/25 09時06分配信 - 連載・企画::人 -

ファイル 18264-1.jpg
嵩原弘さん

  「二元代表制にあってチェック機関としてはもとより、 提言することも必要。 与党とはいえ、 議会のしっかりした議論の中から当局に提言していける議会にしたい」 と意欲を見せるのは宮古島市議会第7代議長に就任した嵩原弘氏。
[全文記事]

税関平良出張所長の金城忠明さんインタビュー

2017/07/28 09時03分配信 - 連載・企画 -

ファイル 17524-1.jpg
沖縄地区税関石垣税関支署平良出張所の所長に着任した金城さん

 「クルーズ船の入港が右肩上がりに外国人の旅客が増えている。 我々の仕事が重要になってきている。 体制は昨年2人から3人に増員され、 今年もさらに1人増員した。 善良なお客さんが短い時間の滞在だがスムーズな通関を心がけていきたい」 と抱負を話すのは今月1日付で沖縄地区税関石垣税関支署平良出張所の所長に着任した金城忠明さん。
[全文記事]

【人】宮古島税務署長の松浦啓さん(57)

2017/07/26 09時04分配信 - 連載・企画::人 -

ファイル 17511-1.jpg
松浦啓さん

 「前任が酒類業調整官だったこともあり、 泡盛の需要振興に役立てる何か手助けをしていきたい。 また、 税務署長ということで信頼される税務署を皆さんに見せていく必要がある」 と抱負を語るのは、 宮古島税務署長に就任した松浦啓さん。
[全文記事]

人口減少と人手不足、多良間村の課題(下)

2017/06/20 09時00分配信 - 連載・企画 -

ファイル 17279-1.jpg
お年寄りの血圧を測る看護師の矢田さん=多良間村社会福祉協議会萌木の里

 現在、 多良間村では保健師が1人足りない状況が続く。 求人は出しているが応募がない。 医療福祉は資格を持つ専門職が欠かせないが村内では限られており、 人材の確保が難しい。 進行する高齢化、 子育て環境の充実などで福祉への需要が高まる中、 有資格者や専門職の不足は大きな問題だ。
[全文記事]

人口減少と人手不足、多良間村の課題(上)

2017/06/17 21時04分配信 - 連載・企画 -

ファイル 17267-1.jpg
過去最大と言われる製糖工場建替え工事の現場=宮古製糖多良間工場内

 人口減少は全国的な問題だが、 外海離島の小規模自治体である多良間村にとって例え1人でも減ることの影響は都市部に比べて大きいのではないだろうか。 20日告示、 25日投開票される多良間村長選挙でも人口減少は2人の予定候補ともに重要な課題の一つに挙げる。 これまで選挙時に限らず過疎対策として様々な事業が行われてきたが、 雇用の現場では人口減少が 「人手不足」 という形になって現れてきた。
[全文記事]

ページ移動