記事一覧

最も早い開花に、テッポウユり咲く

2017/01/18 09時06分配信 - 科学・環境 -

ファイル 16315-1.jpg
冬の日差しを浴びながら白い花を咲かせるテッポウユリ=東平安名崎

 宮古島を代表する景勝地・東平安名崎でテッポウユリが咲き始めている。 宮古島地方気象台では16日に開花を観測しており、 去年の1月25日を抜いて過去最も早い記録となった。 テッポウユリはこの時期から咲き、 4月のトライアスロンやゴールデンウィークの頃に最盛期となる。
[全文記事]

久貝勝盛さん日本自然保護大賞、サシバ保護評価

2017/01/13 09時05分配信 - 科学・環境 -

ファイル 16279-1.jpg
日本自然保護大賞の特別賞・沼田眞賞を受賞する久貝勝盛さん=平良久貝の自宅

 日本全国で活躍する自然保護と生物多様性保全に貢献する取り組みを顕彰する公益財団法人日本自然保護協会 (亀山章理事長) の2016年度 「日本自然保護大賞」 の受賞者がこのほど発表され、 宮古島市元教育長で宮古野鳥の会顧問の久貝勝盛さん (74) =平良久貝=が、 特別賞の沼田眞賞に選ばれた。 「学校・地域・行政を巻き込み成功させたサシバ保護活動」 が評価されたもので、 県内の大賞受賞は初めて。
[全文記事]

セイロンベンケイ 各地で釣り鐘状花咲かせる

2017/01/12 09時06分配信 - 科学・環境 -

ファイル 16273-1.jpg
色鮮やかな真っ赤な花を咲かせるセイロンベンケイ=平良の市道沿い

 宮古方言名で 「ショータツ」 と呼ばれ、 釣り鐘状の花を無数につけるセイロンベンケイ (ベンケイソウ科) が各地で咲き始めた。 キダチベンケイと見られる種類は特に真っ赤に色づいている。 このほか薄緑色の花もこれから見ごろを迎えることになる。
[全文記事]

季節外れのサクラ咲く

2016/10/28 09時01分配信 - 科学・環境 -

ファイル 15837-1.jpg
季節外れにさいているサクラの花=24日、 下地中学校庭

 市立下地中学校 (砂川勝昭校長) の庭で季節外れのカンヒザクラ (寒緋桜、 バラ科) の花が咲いている。 砂川校長は 「この季節にサクラが咲くというのは通常はありえないことで、 珍しい」 と話している。
[全文記事]

サシバ3800羽が飛来、野鳥の会が市民観察会

2016/10/18 09時01分配信 - 科学・環境 -

ファイル 15773-1.jpg
「鷹柱」 となって上空を舞い飛ぶサシバの群れ=16日、 伊良部島の上空

 宮古野鳥の会 (仲地邦博会長) は16日、 市役所伊良部庁舎屋上でサシバ市民観察会を行った。 この日は今年最も多い3800羽のサシバが飛来。 参加した市民たちは秋晴れの空に高々と舞う 「鷹柱」 を存分に堪能した。 同会によると今季のこれまでの飛来数 (8日~16日) は約6000羽となっている。
[全文記事]

紙吹雪舞うように、国内最小のチョウ・ホリイコシジミ

2016/09/15 09時04分配信 - 科学・環境 -

ファイル 15574-1.jpg
アワユキセンダングサの蜜を吸うホリイコシジミのオス=宮古島市内

 国内で見られるチョウの中では最も小さいホリイコシジミ。 台湾やフィリピン方面から飛来する迷蝶だが、 宮古島市内ではここ数年連続して発生しており、 この時期になると成虫が目立つ。 とにかく小さく特にオスの飛ぶ姿は紙吹雪が舞っているように見える。
[全文記事]

自然の営み、オカガニ抱卵を観察・池間小中

2016/07/21 09時05分配信 - 科学・環境 -

ファイル 15224-1.jpg
放卵のため海を目指すオカガニを観察する児童や父母たち=19日、 池間島西側の浜

 市立池間小中学校 (屋嘉比邦昭校長) のオカガニ観察会が大潮の19日夜、 同島北部のフナクス海岸などで行われた。 この日は例年に比べてカニの移動は少なかったが、 参加した児童や父母たちは波打ち際で体を震わせ、 月夜の海に放卵 (放仔) するオカガニの姿を観察した。
[全文記事]

「エコの島」で初のコンテスト

2016/07/15 09時05分配信 - 科学・環境 -

ファイル 15188-1.jpg
記者会見で多くのエコ活動募集を呼びかける長濱副市長ら=市役所平良庁舎

 宮古島市 (下地敏彦市長) は、 エコアイランド宮古島実現に向け、 「未来にかけるeco (エコ) の架け橋」 をテーマにしたエコアイランド宮古島市民活動支援事業 「エコの島コンテスト」 を実施する。 市民や団体が取り組む活動を対象に募集し、 投票による審査・表彰を行うもの。 14日午後、 市役所平良庁舎で記者会見があり、 長濱政治副市長らが積極的な市民の応募を呼びかけた。
[全文記事]

梅雨空に映えるカエンボクとホウオウボク

2016/05/25 09時06分配信 - 科学・環境 -

ファイル 14862-1.jpg
真っ赤な炎のような花を咲かせるカエンボク=市総合体育館

 梅雨入り後の宮古島地方はくもり空が広がるようになり、 19日ごろから日中の最高気温が30度前後、 平均湿度が80%以上と蒸し暑い日が続いている。 このような中、 市内では世界三大花木のカエンボク (ノウゼンカズラ科)、 ホウオウボク (マメ科) が色鮮やかな花を咲かせ始めた。
[全文記事]

より美しいビーチに 伊良部島ハーブベラ清掃活動

2016/05/08 09時04分配信 - 科学・環境 -

ファイル 14753-1.jpg
海岸に漂着したゴミなどを拾い集めるボランティアの参加者たち=6日、 伊良部渡口の浜

 就労継続支援B型事業所の伊良部島ハーブベラ畑 (近角敏通代表) は6日、 渡口の浜をボランティア清掃した。 伊良部大橋の開通で大勢の観光客が訪れるようになった白く美しい砂浜を、 よりきれいにしようと波打ち際に漂着したゴミなどを回収した。
[全文記事]

ページ移動