記事一覧

宮古島市戦没者追悼式御霊の冥福祈る

2018/06/23 21時07分配信 - 社会・一般 -

ファイル 19532-1.jpg
宮古島市全戦没者追悼式でみ霊の冥福を祈り恒久平和を誓う参列者=マティダ市民劇場

 沖縄戦終結から73年目の 「慰霊の日」 の23日、 2018年度宮古島市全戦没者追悼式及び平和祈念式がマティダ市民劇場で執り行われた。 遺族や市民など大勢が参列し、 戦争で犠牲となったみ霊に哀悼の意を捧げ、 戦争の惨禍を繰り返さないためにも風化させず後世へ引き継ぐとともに不戦と恒久平和を誓った。 下地敏彦市長が平和メッセージを読み上げ、 市戦没者遺族会の川満俊夫会長が追悼の言葉を述べた。 宮國藍さん (南小6年)、 上田真子さん (久松中3年)、 下地生吹くん (伊良部高3年) が作文を朗読した。
[全文記事]

恒久平和への誓い新たに、沖縄全戦没者追悼式

2018/06/23 21時03分配信 - 社会・一般 -

ファイル 19528-1.jpg
犠牲となったみ霊の冥福を祈り、 焼香する参列者ら=平和祈念公園

【那覇支局】戦後73年の2018年沖縄全戦没者追悼式 (主催・県、 県遺族連合会ほか) が 「慰霊の日」 の23日、 糸満市摩文仁の平和祈念公園で執り行われた。 県内外から多くの遺族や県民、 関係者が訪れ、 全戦没者24万人余のみ霊の冥福を祈った。 平和宣言を行った翁長雄志知事は 「犠牲になられた全てのみ霊に心から哀悼の誠を捧げるとともに、 恒久平和を希求する沖縄の心を世界に伝え、 未来を担う子や孫が心穏やかに笑顔で暮らせる平和で誇りある豊かな沖縄を築くため、 全力で取り組んでいく」 と誓いを新たにした。
[全文記事]

【慰霊の日写真特集】

2018/06/23 21時02分配信 - 社会・一般 -

ファイル 19527-1.jpg
式辞と平和メッセージを読み上げた下地市長=マティダ市民劇場

[全文記事]

西辺中と西原ゆりの会が地域の戦争体験劇

2018/06/23 09時03分配信 - 社会・一般 -

ファイル 19521-1.jpg
西原方言で 「ふるさと」 などを合唱する西辺中生徒とゆりの会メンバー=西原地区公民館

 「慰霊の日」 を控えた22日、 市内各地の小・中学校では平和学習会が行われた。 児童生徒たちは地元の高齢者による戦争体験談、 事前に学習してきた戦争に関する発表などを通して改めて戦争の恐ろしさや悲惨さ、 当時の苦しかった生活などを学びながら、 今の平和が永遠に続くことを願い、 2度と戦争を起こしてはいけないと誓っていた。
[全文記事]

城辺中学校が宮古南静園で平和学習会

2018/06/23 09時02分配信 - 社会・一般 -

ファイル 19520-1.jpg
戦争時やハンセン病療養所の生活などを聞く城辺中生徒たち=宮古南静園

 市立城辺中学校 (西里純二校長) は国立療養所宮古南静園で平和学習会を行った。 生徒たちはハンセン病元患者で同園退所者の上里栄さんから戦争時の体験談を聞いたあとハンセン病の歴史などが展示されているハンセン病歴史資料館を見学した。
[全文記事]

泡瀬小5年生が離島体験交流で佐良浜の漁業学ぶ

2018/06/22 09時04分配信 - 社会・一般 -

ファイル 19515-1.jpg
爬龍船競漕を体験する泡瀬小5年生たち=佐良浜漁港

 県の離島体験交流促進事業で沖縄市立泡瀬小学校5年生が伊良部島を訪れている。 21日は伊良部漁協組合 (漢那一浩組合長) で魚さばきや爬龍船競漕を体験し、 佐良浜の漁業やパヤオ漁について学んだ。 同漁協ではこのほど完成した海業支援施設で初めて団体の体験受入れとなり、 今後も観光要素を取り入れた漁業を目指していく。
[全文記事]

鏡原中平和学習会 上里さんが南静園での体験語る

2018/06/22 09時03分配信 - 社会・一般 -

ファイル 19514-1.jpg
=写真=

 市立鏡原中学校 (下地悦子校長) は21日、 宮古南静園退所者の上里栄さんを講師に招いた平和学習会を行った。 子どもの頃にハンセン病を患った上里さんは家族と別れ、 南静園に強制入所させられたことや戦争時に米軍からの空襲、 海岸線の壕への避難の様子などを語り、 「戦争体験者として絶対に戦争をしてはいけない」 と訴えた=写真=。
[全文記事]

多良間幼稚園 平和の集いで戦争体験を聞く

2018/06/22 09時02分配信 - 社会・一般 -

ファイル 19513-1.jpg
高齢者の戦争体験談を話す島袋梅子さん (右) =20日、 多良間幼稚園

【多良間】 「慰霊の日」 を前に村立多良間幼稚園 (与那覇盛彦園長) は20日、 平和の集いを行った。 村内の高齢者から聞き取った戦争体験を園児たちに聞かせ、 平和の大切さについて考えてもらった。 また平和への願いを込めて折鶴も作った。
[全文記事]

人身事故が増加傾向 前年同期比24件増の57件

2018/06/22 09時01分配信 - 社会・一般 -

ファイル 19512-1.jpg
アイキャッチ作戦では宮古島署署員やボランティア、 児童たちがドライバーへ交通事故防止を訴えた=20日、 市平良鏡原の県警察安全運転学校宮古分校前の県道

 宮古島警察署 (前花勝彦署長) 管内の人身事故発生件数は6月1日現在で前年同期比24件増の57件と増加している。 同署では危機感を持ち交通事故防止を図る目的で 「交通事故防止アイキャッチ作戦」 など様々な啓発活動や取り締まりを強化するとともに、 ドライバーにも 「交差点に進入する際には減速し安全確認」 をするよう呼びかけている。 同署管内では昨年は約10年ぶりに人身事故発生が96件まで減少したが今年に入り死亡事故が4件発生したことから非常時代宣言も出されている。
[全文記事]

モンゴルの大学生受け入れインターンシップ

2018/06/21 09時03分配信 - 社会・一般 -

ファイル 19507-1.jpg
モンゴルから宮古入りした (左から) トガーさん、 ダワードラムさん、 オユンスレンさん、 ノミンさん、 オユンビレグさん=宮古空港

 インターンシップでホテル業務を学ぶためモンゴルの大学生4人が20日、 宮古空港に到着した。 たっけんカンパニー (宮國寿成代表) などが提携し、 宮古島の観光企業とモンゴルの大学との産学協定を取りまとめ実現したという。 インターンシップの期間は1年間で、 来月にはさらに4人が来島を予定しているという。
[全文記事]

ページ移動