記事一覧

早くもマンゴー収穫始まる

2019/06/16 09時05分配信 - 産業・経済 -

ファイル 21439-1.jpg
入り口に並べられたマンゴーに足をとめる買い物客ら=島の駅みやこ

 島内にある一部の農園や果樹園では、早くもマンゴーの収穫が始まっている。例年だと早出しと言われる加温栽培によるマンゴーの収穫時期となるが、今年は非加温栽培マンゴーも2週間早く収穫が始まっている。平良松原にあるミナバ果樹園では、2日より収穫作業を始めており、島内の販売店へ出荷を行っている。
[全文記事]

「労災ゼロ」に決意新た2019年度宮古地区安全大会

2019/06/15 09時03分配信 - 産業・経済 -

ファイル 21436-1.jpg
指差し呼称で労災防止活動への決意を新たにする参加者たち=市城辺公民館

 全国安全週間に向け2019年度宮古地区安全大会(主催・県労働基準協会宮古支部など)が14日、市城辺公民館で行われた。市内の各事業所から大勢が参加し、「新たな時代にPDCA みんなで築こう ゼロ災職場」をスローガンに労働災害防止活動の推進、安全意識の高揚と定着に向けて決意を新たにし、安全安心な職場環境を作るため労使一体となった安全活動に取り組んでいく大会宣言を行った。
[全文記事]

島産マンゴーPRを 市長が共和国大統領に就任

2019/06/15 09時01分配信 - 産業・経済 -

ファイル 21438-1.jpg
マンゴー共和国大統領の就任依頼を受けた下地市長(中央)=市役所平良庁舎

 パラダイスプランの高志保真澄さん、吉見温子さんらが14日、宮古島市役所平良庁舎に下地敏彦市長を訪ね、宮古島産マンゴーのブランド化及び消費拡大に向けた「マンゴー共和国」の大統領への就任を依頼した。同共和国イベントの建国式は16日午後1時から島の駅みやこ店で行われる。下地市長は快く受けると答え、今年も協力していく姿勢を見せた。
[全文記事]

光B・B供用開始 城辺・池間地区

2019/06/13 09時05分配信 - 産業・経済 -

ファイル 21424-1.jpg
光ブロードバンドサービス事業者の紹介を行う情報政策課の下地課長=保良農村総合センター

 光ファイバーケーブルを活用した高速で大容量のデータをやりとりできる光ブロードバンドのサービス提供開始を城辺地区は来月16日、池間地区は来月29日に控え、市企画政策部情報政策課は11日、保良農村総合センターで住民説明会を開催した。サービスを提供する事業者が光ブロードバンドサービスについて説明した。12日は城辺公民館で行い、きょう13日は砂川構造改善センターで午後4時から個別相談会及び光ブロード体験、午後6時半~8時に住民説明会を行う。
[全文記事]

「会長職認められない」発言で混乱多良間村観光協

2019/06/09 09時05分配信 - 産業・経済 -

ファイル 21408-1.jpg
「会長の職は認められない」の発言で議事進行に影響が出た多良間村観光協会の定期総会=6日、コミュニティー施設

【多良間】多良間村観光協会(富盛玄三会長)の2019年度定期総会が6日、コミュニティー施設で行われた。富盛会長のあいさつ中に会員の一人が「会長の職は認められない」などとヤジを入れるなどしたため大荒れとなり、総会の進行が出来ない異例の事態となった。今年度は役員の改選時期だが、法人化に向けて役員改選せずに組織再編の取り組みたいという執行部の提案があったが、これについても異議を出すなど議事進行に影響が出た。議事は18年度事業・会計決算、会計監査報告の承認のみとなり、役員改選と19年度事業計画・予算案については近く予定している臨時総会で審議されることになった。
[全文記事]

事業継承の重要性学ぶ

2019/06/08 09時04分配信 - 産業・経済 -

ファイル 21404-1.jpg
熱心に耳を傾ける参加者=ホテルアトールエメラルド宮古島

 経営者のための事業継承セミナー(主催・日本M&Aセンター)が7日、ホテルアトールエメラルド宮古島で開催された。県商工会連合会の承継・創業チーフアドバイザーの佐藤英彦氏が講師を務め、沖縄県における事業継承の実態や計画的に行うことの重要性について述べた。参加者らは熱心に講話に耳を傾け、事業継承の必要性について理解を深めた。
[全文記事]

新城自治会で共進会豊年祭

2019/06/08 09時02分配信 - 産業・経済 -

ファイル 21406-1.jpg
共進会で表彰状を受け取る成績優秀者ら=新城自治公民館

 新城自治会(友利輝吉会長)は旧暦の5月5日となる7日、新城公民館で第93回総合共進会及び豊年祭を開催した。共進会では成績優秀農家が表彰され、その後の豊年祭では舞踊やクイチャーが会場を盛り上げた。
[全文記事]

幻になった泡盛、限定復活販売

2019/06/08 09時01分配信 - 産業・経済 -

ファイル 21407-1.jpg
千代泉の原酒を基に復活販売を語った比嘉さん=宮古新報社

 「幻になった泡盛、限定復活へ」。宮古島狩俣地区にあった泡盛蔵「千代泉酒造所」は長年地元住民に親しまれ飲み継がれてきたが、2013年に諸般の事情により休業、2018年に惜しまれながら廃業となった。その後、同酒造の泡盛は姿を消してしまったかに思われたが、沖縄本島で泡盛文化の普及に努める「泡盛倉庫」の比嘉康二店長が3年前に同酒造所を訪れた際、蔵にわずかに残った泡盛を発見。
[全文記事]

JAあたらす市場生産者大会

2019/06/07 09時02分配信 - 産業・経済 -

ファイル 21401-1.jpg
大勢の会員が参加し事業報告などに耳を傾けた=JAおきなわ宮古地区本部2階大ホール

 JAファーマーズマーケットみやこあたらす市場出荷協議会(真壁恵修会長)は6日、第14回JAファーマーズマーケットみやこあたらす市場「生産者大会」をJAおきなわ宮古地区本部2階大ホールで開催した。2018年度の事業実績・決算報告などが行われ、生産者大会表彰では農産物の部で砂川農園が1位に輝いた。
[全文記事]

下地島空港に韓国からチャーター便到着

2019/06/01 09時05分配信 - 産業・経済 -

ファイル 21371-1.jpg
韓国から訪れた客に観光協会から記念品が手渡された=みやこ下地島空港ターミナル

 下地島空港初の国際線チャーター便が韓国・仁川空港から到着した。 空港に降り立った乗客らは、 入国手続きを済ませて国際線到着ゲートをくぐると、 宮古島観光協会の会員らが横断幕を掲げ韓国の国旗 「太極旗」 を振って乗客を歓迎し、 記念品を一人ひとりに手渡した。 観光客らはツアーバスやレンタカーに乗り込み宿泊先に向かった。 この日の客は3日のチャーター便で帰国。 入れ違いに韓国からの別便が下地島空港に到着する。
[全文記事]

ページ移動