記事一覧

北部地区宮古郷友会、初のなりやまあやぐ大会開催

2015/09/23 09時04分配信 - 新報特派員 -

ファイル 13381-1.jpg
大勢の郷友や市民らが詰めかけて盛況を博した北部地区宮古郷友会 「なりやまあやぐ大会」 =21日夜、 名護市営市場広場

【那覇支局】第1回なりやまあやぐ (宮古民謡) 大会inやんばる (主催・沖縄北部地区宮古郷友会、 共催・資源活用管理協会ほか) が21日夜、 名護市営市場広場で開催され、 15組が出場して歌声を競ったほか、 オトーリ紹介、 民謡演奏などのアトラクションを通して広く宮古の伝統文化や芸能を紹介し、 やんばるとの絆を深めた。
[全文記事]

物流拠点など重点5項目 アジア経済戦略構想委報告

2015/09/18 09時06分配信 - 新報特派員 -

ファイル 13353-1.jpg
アジア経済戦略構想を翁長知事 (右) に手渡す策定委員会の富川会長=県知事応接室

【那覇支局】県アジア経済戦略構想策定委員会 (会長・富川盛武沖縄国際大学教授) は17日、 今後の沖縄経済をけん引する基軸となる重点戦略、 アジア市場を取り込むことで新たな成長を推進する産業成長戦略を展開するとともに、 施策実現への推進機能を整備することを盛り込んだ同構想を翁長雄志知事に報告した。
[全文記事]

沖縄関係3429億円 内閣府16年度予算概算要求

2015/09/02 09時06分配信 - 新報特派員 -

【那覇支局】内閣府は先月31日、 2015年度予算の概算要求額を前年度当初比89億円増額となる総額3429億円と決定した。 3千億円台は4年連続。 ユニバーサル・スタジオ・ジャパン (USJ、 大阪市) の運営会社が国営海洋博記念公園を候補地としてテーマパーク整備を計画していることを念頭に 「県北部地域大型観光拠点推進調査費」 (仮称) として1億2千万円を新規に盛り込んだ。
[全文記事]

情緒ある恋歌を堪能 伊良部とうがにまつり

2015/08/18 09時05分配信 - 新報特派員 -

ファイル 13159-1.jpg
伊良部大橋開通記念の第5回伊良部とうがにまつり最優秀賞を獲得した天久富雄さんの演奏=16日、 浦添市産業振興センター 「結の街」

【那覇支局】第5回伊良部とうがにまつり (主催・同実行委員会、 共催・沖縄伊良部島郷友会) が16日、 浦添市産業振興センター 「結の街」 で開催され、 郷友や民謡愛好者ら多数が詰めかけ、 出場した14人の情緒ある歌声を堪能した。
[全文記事]

入江友の会、大臣表彰 15年度道路愛護功労者表彰

2015/08/11 09時03分配信 - 新報特派員 -

ファイル 13114-1.jpg
道路ふれあい月間の道路愛護功労者表彰で国交大臣表彰を受賞した入江の川満会長 (左) と柳橋次長=那覇市の那覇第2地方合同庁舎

【那覇支局】8月の 「道路ふれあい月間」 の2015年度道路愛護功労者表彰式が10日、 那覇市おもろまちの那覇第二合同庁舎で開かれ、 宮古島市下地の入江老人クラブ友の会 (川満廣俊会長) が国土交通大臣表彰を受賞した。
[全文記事]

大濱愛里さん優秀賞 全日本中学生水の作文コン

2015/08/04 09時04分配信 - 新報特派員 -

ファイル 13073-1.jpg
全日本中学生水の作文コンクール県知事表彰で優秀賞を獲得した大濱愛里さん=県庁特別会議室

【那覇支局】第37回全日本中学生水の作文コンクールの県知事表彰式が3日、 県庁で行われ、 宮古から大濱愛里さん (北3年) の 「守り続ける水」 が優秀賞に輝いた。 大濱さんの作品は中央審査でも入選した。
[全文記事]

宮古16強、読谷に7回コールド 夏の甲子園、県予選

2015/07/07 09時02分配信 - 新報特派員 -

ファイル 12892-1.jpg
2回戦で読谷打線を一安打に抑える好投を見せた松川竜之丞=5日、 宜野湾市立野球場

【那覇支局】第97回全国高校野球選手権沖縄大会第7日は5日、 沖縄セルラースタジアム那覇など3球場で2回戦8試合が行われた。 宜野湾市立野球場の第1試合で宮古は読谷を投打で圧倒し、 七回コールドの9―0で快勝した。 3回戦は11日、 宜野湾の第2試合でベスト8を賭けて中部商と対戦する。
[全文記事]

宮古の遺族ら故人偲ぶ 建立20年「平和の礎」に祈り

2015/06/24 09時06分配信 - 新報特派員 -

ファイル 12817-1.jpg
「平和の礎」 に刻銘された家族の氏名の前に花などを手向け手を合わせる遺族ら=糸満市摩文仁の平和祈念公園内

【那覇支局】戦後70年沖縄全戦没者追悼式が執り行われた 「慰霊の日」 の23日、 糸満市摩文仁にある平和祈念公園内の全戦没者24万人余の氏名を刻銘した 「平和の礎 (いしじ)」 は、 建立から20年を迎えた。 この日は県内外から多くの遺族らが訪れ、 花や酒、 線香を手向け、 合掌して悲惨な沖縄戦で犠牲となった家族のみ霊を慰め、 節目の年に改めて恒久平和と不戦への誓いを新たにしていた。
[全文記事]

全戦没者20万人余追悼 県内外から5千人以上参列

2015/06/24 09時05分配信 - 新報特派員 -

ファイル 12816-1.jpg
戦後70年沖縄全戦没者追悼式後に焼香して犠牲者の冥福を祈る一般参列者=糸満市摩文仁の平和祈念公園内

【那覇支局】戦後70年の節目を迎えた 「慰霊の日」 の23日、 太平洋戦争における沖縄戦の犠牲者を悼む 「戦後70年沖縄全戦没者追悼式」 (主催・県、 県議会) が、 糸満市摩文仁の平和祈念公園で執り行われた。 遺族ら約5400人 (主催者発表) が参列し、 正午の時報に合わせて1分間の黙とうを捧げ、 20万人余のみ霊を慰めるとともに、 世界の恒久平和を願う 「沖縄の心」 を発信した。
[全文記事]

沖縄南秀会同窓会総会、新会長に平良晶氏選出

2015/05/30 09時05分配信 - 新報特派員 -

ファイル 12663-1.jpg
平良晶氏

【那覇支局】沖縄南秀同窓会 (波平勇夫会長) の2015年度定期総会と祝賀・懇親会が27日夜、 那覇市内の催事場で催され、 約250人の会員が参加し、 本年度の活動計画などを承認するとともに、 過去1年間で叙勲を受章した会員を祝福した。 役員改選で新会長に平良晶氏 (73) を選出した。 任期は2年間。
[全文記事]

ページ移動