記事一覧

沖縄宮古民謡協会が1年締めくくる

2017/12/06 09時02分配信 - 文化・芸能 -

ファイル 18325-1.jpg
多彩なプログラムを楽しみながら互いの労をねぎらい、 発展への決意を新たにした慰労会・新年会=3日、 マリエール・オークパイン

【那覇支局】沖縄宮古民謡協会 (佐和田方恒会長) の2017年度慰労会・忘年会が3日夕、 那覇市のマリエール・オークパインで行われた。 約120人の会員らが参加し、 この1年の労をねぎらいながら親睦を深め、 会の発展や自らの研鑽に向けて決意を新たにしていた。
[全文記事]

市総合文化祭児童生徒の部で103人表彰

2017/12/02 21時02分配信 - 文化・芸能 -

ファイル 18310-1.jpg
保護者らの前で受賞を喜ぶ児童生徒たち=市中央公民館

 2017年度第12回宮古島市民総合文化祭 「児童・生徒の部」 表彰式 (主催・宮古島市、 市教育委員会、 市文化協会) が2日、 市中央公民館大ホールで行われた。 書道展・美術展・文芸展 (俳句、 短歌、 作文、 詩) ・自由研究・工作展の部門と郷土のお話発表大会の市長賞49人、 特別賞2人、 教育長賞52人の計103人に賞状と賞品が贈られた。 会場には多くの保護者が詰めかけ、 わが子が表彰される姿を見守った。
[全文記事]

多良間村コミュニティまつりで生産学習の作品一堂

2017/12/02 21時01分配信 - 文化・芸能 -

ファイル 18309-1.jpg
タラマバナ (紅花) で鮮やかに染められた反物

【多良間】第3回多良間村コミュニティまつり (主催・同村教育委員会) が2日、 同村コミュニティ施設で開催された。 同施設の生涯学習講座をはじめ村民がふだんの文化活動等で制作した作品を展示。 各団体による芸能発表、 バザーなどが行われ、 大勢の来場者で賑わった。 また文化功労者や善行賞等の表彰、 県立図書館の 「空飛ぶ図書館」、 児童文学作家の上條さなえさんの文化講演会なども行われた。
[全文記事]

踊りは長寿の秘訣 城辺老ク連芸能大会開催

2017/11/30 09時03分配信 - 文化・芸能 -

ファイル 18290-1.jpg
宮古民謡 「豊年の唄」 を披露する西東のメンバー=城辺公民館

 「長寿の秘訣芸能・踊る者に病なし」 をスローガンに第12回城辺老人芸能大会 (主催・市老人クラブ連合会城辺支部) が29日、 城辺公民館で行われた。 大勢の市民が詰めかけ、 同支部会員が舞台上で披露する民謡や多彩な踊りなどの余興を楽しんだ。
[全文記事]

海族まつりフォトコンテストで西澤さんがグランプリ

2017/11/28 09時03分配信 - 文化・芸能 -

ファイル 18276-1.jpg
グランプリを受賞した西澤さん (前列中央) ら受賞者 (前列左はむらい審査委員長) =25日、 宮古島漁業協同組合

 海族まつり一環の 「宮古島フォトコンテスト2017」 (主催・市、 宮古島ダイビング事業組合) の表彰式が25日、 宮古島漁業協同組合で行われた。 一般部門のグランプリには西澤由佳子さん=平良=の作品が選ばれた。 西澤さんは受賞を喜ぶとともに 「来年は2冠を目指す」 と意気込んだ。
[全文記事]

荷川取さんの瑞宝双光章受章を祝う会で功績讃える

2017/11/28 09時01分配信 - 文化・芸能 -

ファイル 18274-1.jpg
瑞宝双光章受章で功績をたたえられた荷川取さん=25日、 福西公民館

 元沖縄総合通信事務所郵政事業部長の荷川取哲夫さんの瑞宝双光章受章を祝う会が25日夜、 福西公民館で行われた。 荷川取さんの家族や友人、 地域住民らが、 長きにわたり、 郵便局員として地域に貢献してきた功績をたたえるとともに、 多彩な余興を楽しみながら交流を深めた。
[全文記事]

成長した姿披露 おんがくまつり はなぞのこどもえん

2017/11/18 21時05分配信 - 文化・芸能 -

ファイル 18227-1.jpg
=写真=

 はなぞのこどもえん (新城久恵園長) の 「第33回おんがくまつり」 が18日、 マティダ市民劇場で行われた=写真=。 1~5歳児までの92人が舞台上で練習してきた歌や踊りを元気いっぱいに披露。 会場に駆け付けた多くの保護者達も園児たちの発表が終わるたびに大きな拍手を送っていた。
[全文記事]

伝統の”技”にふれる 苧麻績み、真綿など体験

2017/11/18 21時04分配信 - 文化・芸能 -

ファイル 18226-1.jpg
久米島紬の真綿づくりを体験する子ども=市総合博物館研修室

 市総合博物館で開催中の重要無形文化財保持団体秀作展 「日本の伝統美と技の世界」 は18日、 宮古上布の材料となる苧麻糸の手績みや砧打ち、 久米島紬の真綿作りなどの体験が行われ、 多くの市民や観光客らが伝統工芸の技とふれ合っていた。 9日から織物をはじめ陶磁器や漆器、 和紙など全国14団体の作品が展示され、 17日までに1700人余が来場。 最終日のきょう19日も工程の体験 (午前10時~正午、 午後2時~4時) が行われる。
[全文記事]

「カタブイ」きょうから上映、ロペス監督がPR

2017/11/18 09時06分配信 - 文化・芸能 -

ファイル 18221-1.jpg
「カタブイ」をPRする (左から) ロペス監督、 息子の琉生くん、 新城さん=宮古新報社

 スイス出身で那覇市在住のダニエル・ロペス監督のドキュメンタリー映画 「カタブイ~沖縄に生きる」 がきょう18日から、 よしもと南の島パニパニシネマで上映が始まる。 17日に来島したロペス監督は 「沖縄の日常には素晴らしい文化がある。 見た人が自分で感じ考えてもらえたら嬉しい」 と話した。 舞台あいさつは18日午後7時、 19日午後1時の上映後に行われる。 前売り券は同映画館で発売中。
[全文記事]

保存会が苧麻糸産地調査研究の須田さんと懇話会

2017/11/17 09時02分配信 - 文化・芸能 -

ファイル 18210-1.jpg
宮古島などでの苧麻の研究について報告する須田さん (右) =市総合博物館

 宮古苧麻績み保存会 (下地ヨシ会長) は16日、 市総合博物館で国内の苧麻糸産地の生活や文化などについて調査研究した須田雅子さんの懇話会を行った。 宮古島をはじめ福島県昭和村、 八重山それぞれの苧麻糸の作り方、 生活文化との結びつき、 従事者の伝承への思いなどを紹介。 苧麻績みや織物の関係者らが訪れ、 報告に耳を傾けていた。
[全文記事]

ページ移動