記事一覧

歌舞団んまてぃだ、25日の国立劇場公演むけ練習

2017/08/19 21時05分配信 - 文化・芸能 -

ファイル 17669-1.jpg
25日の国立劇場おきなわでの公演に向けて練習に取り組む出演者=下地公民館

 25日午後7時から国立劇場おきなわ小劇場で開催されるかりゆし芸能公演 「大世世 (ウプユーユ) ~糸音花踊らば~」 に向け宮古歌舞団んまてぃだの会は19日、 下地公民館で練習を行った。 出演者たちは家元の亀浜律子さんの指導を受けながら、 初の大舞台に向けて熱心に稽古に取り組んでいた。
[全文記事]

新里・新城が連弾1位でピティナ・ピアノ全国出場へ

2017/08/16 09時05分配信 - 文化・芸能 -

ファイル 17642-1.jpg
受賞を報告する (前列左から) 亀川有さん、 新城佑依さん、 新里紀佳さん、 下地杏梨さん、 (後列左から) 上原美春さん、 上原愛音さん、 新城萌依さん、 平良英達君=宮古新報社

 ピティナ宮古ステーション (上原留美子代表) の生徒と保護者らが15日、 宮古新報社を訪れ、 今月5、 6の両日に南城市文化センターで開催された第41回ピティナ・ピアノコンペティション (主催・全日本ピアノ指導者協会) 沖縄地区本選で新里紀佳さん (15) と新城佑依さん (15) のペアが連弾で1位となり、 全国決勝大会に出場することなどを報告した。
[全文記事]

マムヤの墓、友利あま井など巡り文化財学ぶ

2017/08/15 09時06分配信 - 文化・芸能 -

ファイル 17635-1.jpg
久貝さん (右) から 「マムヤの屋敷跡・機織り場・墓」 の説明を聞く親子ら=12日、 東平安名崎

 第8回城辺ふれあいまつりの協賛行事 「文化財等史跡巡り」 (主催・城辺地区地域づくり協議会) が12日に行われた。 親子ら約20人が東平安名崎のマムヤの屋敷跡・機織り場・墓、 友利のあま井、 ウイピャームトゥ、 野城泉、 高腰城跡などで説明を受け、 地域の貴重な文化財を学んだ。
[全文記事]

子どもら堂々演技、劇団かならやび第2弾公演

2017/08/12 21時07分配信 - 文化・芸能 -

ファイル 17628-1.jpg
第2弾公演 「クスムヌドゥムタ」 を堂々と演じる団員たち=マティダ市民劇場

 劇団かなやらびプロデュースミャークファンタジー第2弾公演 「クスムヌドゥムタ~心の蕾~」 が12日、 マティダ市民劇場で行われた。 小中学生と高校生で構成する団員らが宮古島に残る神話や史実を基にした創作ファンタジーの舞台に立った。 ミャーク島人間やロベル帝国商団の子ども達、 神族、 精霊族の役に扮した団員たちは 「ミャークには心を喰らう鬼がいる」 と噂がある島での冒険物語を堂々と演じた。 会場には多くの人が詰めかけ、 方言も交えた熱い演技を楽しんだ。 同公演はきょう13日も午後2時から上演される。
[全文記事]

宮古民話で手作り紙芝居、図書館北分館

2017/08/12 21時05分配信 - 文化・芸能 -

ファイル 17626-1.jpg
「蛇と生き水」の手作り紙芝居を作成した下地美穂さん=平良図書館北分館

 平良図書館北分館 (狩俣明館長) は19日のビブリオサロン第8弾 「星の世界」 の開催にむけ、 このほど手作りの紙芝居 「蛇と生き水」 を制作した。 宮古島の民話を題材に星のテーマに沿った内容で、 小さな子どもから大人まで楽しめるという。 同館では多くの市民の来場を呼びかけている。 読み聞かせは午前10時30分~11時。
[全文記事]

心一つに打ち響かせ 200人がエイサーペイジェント

2017/08/08 09時03分配信 - 文化・芸能 -

ファイル 17589-1.jpg
約200人が参加して世界各地と同時演舞を行ったエイサーページェント=6日、JTAドーム宮古島

 県内外や海外と同時に演舞する琉球國祭り太鼓の 「エイサーページェント2017」 が6日開催された。 宮古支部 (喜屋武恵里香支部長) はJTAドーム宮古島で市内の各エイサー団体などから参加した約200人とともに世界へ向けて太鼓を打ち響かせた。
[全文記事]

新里豊年祭で「子ども獅子舞」、地域の伝統行事参加

2017/08/04 09時01分配信 - 文化・芸能 -

ファイル 17565-1.jpg
=写真=

 上野の新里自治会 (新里幸俊会長) が、 7月30日に行った 「豊年祭」 で大人に混ざって小中学生たちも棒振り、 獅子舞を踊った。 老若男女がホラ貝や鐘の音を響かせながら獅子舞や棒振り、 女踊り (抱き踊りと担ぎ踊り) で五穀豊穣、 集落の発展を祈願する伝統行事を子どもたちも担った。
[全文記事]

たぶろう展でアキュリアが入賞報告

2017/08/01 09時03分配信 - 文化・芸能 -

ファイル 17545-1.jpg
「たぶろう展」 で入賞・入選した (左から) 西里さん、 金城さん、 大浜さん、 宮城さん、 伊良部さん=30日、 JTAドーム宮古島

 アートスペースアキュリア (西里恵子主宰) は30日、 JTAドーム宮古島で行った 「第52回たぶろう展報告会と交流会」 で西里さんの 「遺伝子のコンチェルト」 (油彩F―100号) が会長賞、 金城芳明さんの 「脱皮」 (同F―100号) が協会大賞に輝き、 大浜忠市さんの 「労 (いたわ) る」 (同F―30号)、 伊良部映里さんの 「アクア・ヴィテ」 (同F―50号)、 宮城敏郎さんの 「南風 (ぱいかじ)」 (同P―100号) の3作品が入選したと紹介した。
[全文記事]

新里で伝統の豊年祭

2017/08/01 09時02分配信 - 文化・芸能 -

ファイル 17546-1.jpg
豊年祭では五穀豊穣と集落の発展を祈願して棒振りなどが行われた=30日、 上野新里

 上野の新里部落で30日、 古くから継承されている 「豊年祭」 が司屋御嶽や集落内で行われた。 老若男女がホラ貝や鐘の音を響かせながら獅子舞や棒振り、 女踊り (抱き踊りと担ぎ踊り) で五穀豊穣や集落の発展を祈願した。
[全文記事]

浜川大和君(池間中)が佳作、神のバトン賞

2017/07/29 09時02分配信 - 文化・芸能 -

ファイル 17530-1.jpg
入賞が「信じられなかった」と話す浜川君=池間小中学校

 市立池間小中学校 (屋嘉比邦昭校長) は28日、 同校校長室で同校中学1年の浜川大和君が 「第15回神のバトン賞」 (主催・琉球新報社) で佳作に選ばれ、 26日に行われた表彰式に出席したことを報告した。
[全文記事]

ページ移動