記事一覧

エコ子ども会議など提言 西辺小5年生が市に

2019/02/20 09時02分配信 - 教育 -

ファイル 20920-1.jpg
長濱副市長に3項目の提言などを行った西辺小の5年生ら=市役所平良庁舎

 県の沖縄離島体験交流促進事業離島版に参加し石垣島での各種体験活動に取り組んだ市立西辺小学校 (砂川靖夫校長) 5年生13人が19日、 市役所平良庁舎に長濱政治副市長を訪ね、 活動報告と提言を行った。 「宮古島はどこにも負けない青い海と白い砂浜など豊かな自然に恵まれている。 しかしこの美しい自然は私たちが守らなければ失われてしまう。 私たちは、 地域のゴミ拾いなどを続けて島の自然を守っていく」 とし、 ▽持続可能な社会のための教育に力をいれてほしい▽クリーンレンジャー (仮称) をつくり、 ポイ捨てや不法投棄を厳しく取り締まってほしい▽エコアイランド子ども会議を開き、 子どもたちが宮古島の未来のことを話し合う場を作ってほしい│の3つを提言した。
[全文記事]

教育を語る市民大会、模範児童生徒ら表彰

2019/02/19 09時05分配信 - 教育 -

ファイル 20912-1.jpg
宮國教育長から模範児童らに表彰状が手渡された=17日、 マティダ市民劇場

 2018年度 「宮古島市の教育を語る市民大会」 (主催・市教育委員会) が17日、 マティダ市民劇場で開催された。 多くの市民が来場し、 市教育委員会の担当者から学力向上についての実践報告などの説明を受けたほか、 模範児童生徒として花城唯さん (西辺小6年)、 親泊まり奈さん (平良中3年)、 新里和馬君 (宮古特別支援学校高等部3年)、 社会教育功労・社会教育関係の部として野原勝也さん (71・市上野) に表彰状が贈られた。 また、 俳優の武田鉄矢氏とテレビドラマプロデューサーの山本俊彦氏が公開対談が行われた。
[全文記事]

宮古総実水産・海洋系、後継者育成率81%

2019/02/19 09時02分配信 - 教育 -

ファイル 20915-1.jpg
水産・海洋の就職が決まった生徒たち=宮古総合実業高校

 県立宮古総合実業高校 (平良淳校長) は18日、 「水産・海洋系への後継者育成率報告会」 を行い、 クラスの81% (21人中17人) が水産・海運業の後継者として合格・内定が決まっていると発表した。
[全文記事]

元気に方言合唱 ちゅうりっぷ保育園どきどき発表会

2019/02/17 09時01分配信 - 教育 -

ファイル 20910-1.jpg
大きな声で 「どんな色がすき」 を歌う園児ら=下崎公民館

 市内平良東仲宗根にある小規模事業所ちゅうりっぷ保育園 (上地玲子園長) の 「第3回どきどき発表会」 が16日、 下崎公民館で開催された。 0歳児から2歳児までの園児が歌や踊りを披露し、 会場を訪れた両親や祖父母から多くの拍手をもらった。
[全文記事]

はなぞのこどもえんに木製積み木 弘済会沖縄支部

2019/02/10 09時01分配信 - 教育 -

ファイル 20879-1.jpg
木製積み木の贈呈に喜びを見せる園児ら=8日、 はなぞのこどもえん

 日本教育公務員弘済会沖縄支部 (上地弘志支部長) が8日、 はなぞのこどもえん (新城久恵園長) に木製積み木を贈った。 園児らが見守る中、 同沖縄支部参事で宮古地区担当の儀間裕芳さんが新城園長に目録を手渡した。
[全文記事]

教育を語る市民大会 模範児童に花城唯さんら

2019/02/07 09時05分配信 - 教育 -

ファイル 20860-1.jpg
「教育を語る市民大会」 で表彰する模範児童生徒と社会教育功労者を発表する宮國教育長 (中央) ら=市役所城辺庁舎

 宮古島市教育委員会の宮國博教育長らが6日、 市役所城辺庁舎で会見し、 2018年度 「宮古島市の教育を語る市民大会」 での表彰者を発表した。 模範児童生徒は小学生の部が花城唯さん (西辺6年)、 中学生の部が親泊まり奈さん (平良3年)、 高校の部が新里和馬君 (宮古特別支援学校高等部3年)、 社会教育功労の社会教育関係の部は野原勝也さん (71、 市上野)がそれぞれ表彰される。
[全文記事]

「挑戦、努力忘れずに」宮工、電気工事士等20人合格

2019/02/07 09時02分配信 - 教育 -

ファイル 20863-1.jpg
第1種電気工事士に合格した (前列左から) 國仲君、 川満君、 長嶺君、 大久保君ら=宮古工業高校

 県立宮古工業高校 (金城透校長) の資格取得報告会が6日午後、 同校校長室で行われた。 電気工事士の第一種と第二種、 工事担当者 (DD3種) に計20人が合格し、 金城校長は 「合格本当におめでとう。 何事にも挑戦して努力を惜しまないでほしいと常日頃から話している。 それをしっかり実践したことは素晴らしい。 大変嬉しく思う。 今回の成果は日ごろの授業や講習に励んだ努力の成果。 しっかりと次につなげてほしい。 3年生は卒業するが、 この資格は社会に出ても素晴らしい力を発揮する。 今後も挑戦し努力を惜しまない気持ちを忘れないでほしい。 1・2年生はさらに上を目指して励んでほしい。 土日も一生懸命教えてくれた先生方、 協力してくれた家族への感謝の気持ちを忘れず高校生活を歩んでいってほしい」 と期待を寄せた。
[全文記事]

宮古高校で3年生対象に消費理解の講話

2019/02/06 09時02分配信 - 教育 -

ファイル 20858-1.jpg
消費について学ぶ生徒たち=県立宮古高校体育館

 県立宮古高校 (平良智枝子校長) の3年生を対象に5日、 消費生活センター講話が行われた。 講師は県消費生活センター宮古分室の洲鎌加代子氏が務め、 卒業し大学や就職で島外に出ていく生徒たちに自立した消費者を目指すために必要な知識を分かりやすく説明した。 生徒らは熱心に講話に耳を傾けていた。
[全文記事]

「教育の日」標語・川柳表彰、友利さんら最優秀賞

2019/02/01 09時02分配信 - 教育 -

ファイル 20836-1.jpg
表彰を受け喜びを見せる受章者たち=30日、 市役所平良庁舎

 宮古島市教育委員会 (宮國博教育長) は30日、 2月16日の 「教育の日」 に向けて募集した標語・川柳の入賞者9人の表彰式を市平良庁舎で行った。 最優秀に、 小学校の部で友利娃良さん (鏡原小1年) の 「学校は はじめてがいっぱい たのしいな」、 中学校の部は鈴木隆介君 (城辺中2年)、 一般の部は狩俣淳子さんの作品が選ばれた。
[全文記事]

宮古総実フード生徒が課題研究最終発表会

2019/01/30 09時03分配信 - 教育 -

ファイル 20825-1.jpg
缶詰製造実習で出たマグロの身などを利用したカレーパン開発に取り組んだ成果を発表したまぐろ班 (右奥) ら=宮古総合実業高校

 県立宮古総合実業高校 (平良淳校長) は29日、 2018年度食と環境科フードクリエイトコース課題研究最終発表会を視聴覚室で実施した。 3年生18人が3班に分かれ、 これまでの研究成果を堂々と発表。 審査の結果、 「マグロ缶詰製造実習で発生した未利用資源の有効活用に挑戦~肥満率と魚離れの改善を目指して」 について発表したまぐろ班 (仲間志央里、 長嶺颯乃、 西里優李、 伊計秀菜、 新城菜々瀬、 佐久田凛莉香) が最優秀賞に輝いた。
[全文記事]

ページ移動