記事一覧

ろうきん宮古地区推進委が久松小に本53冊寄贈

2017/10/21 09時05分配信 - 教育 -

ファイル 18042-1.jpg
ろうきん文庫を寄贈された久松小児童会=同校校長室

 ろうきん宮古地区推進委員会 (砂川文寿委員長) は20日、「ろうきん文庫」 として53冊の本を市立久松小学校に寄贈した。 同文庫は読書週間期間中に子どもたちに本を通して色々な知識を得てもらおうと毎年地域の学校に寄贈しており、 久松小は2回目となる。 今年はろうきん宮古支店営業開始50周年を記念して贈られた。
[全文記事]

宮古島市で県都市教育長協議会の会議開く

2017/10/21 09時02分配信 - 教育 -

ファイル 18039-1.jpg
家庭教育支援などの取り組みを報告し情報交換を行った各市の教育長ら=市役所平良庁舎

 沖縄県都市教育長協議会 (会長・知念春美宜野湾市教育長) の2017年度第2回会議が20日、 宮古島市役所平良庁舎3階会議室で開かれた。 11市の教育長が家庭教育支援、 教職員の業務改善対策、 学習支援員及び特別支援教育支援員の配置の議題について、 それぞれの取り組みを報告するなどして情報交換を行った。
[全文記事]

宮古工業高校課題研究、東保育所で園児と調理

2017/10/13 21時04分配信 - 教育 -

ファイル 17998-1.jpg
ピーマンを刻んでミキサーに入れる園児たち=東保育所

 県立宮古工業高校 (伊志嶺秀行校長) 生活情報科の生徒らが13日、 市立東保育所 (友利和江所長) で 「課題研究」 の一環としてクッキング実習を行った。 生徒らは園児の苦手な野菜を使ったマフィンづくりに挑戦。 園児と交流しながらお菓子作りを楽しんだ。
[全文記事]

伊良部中、サシバ保護誓う

2017/10/12 09時04分配信 - 教育 -

ファイル 17984-1.jpg
仲地さんの講話の後にサシバ保護宣言を行う生徒たち=伊良部中学校

 市立伊良部中学校 (瑞慶山昇校長) は11日、 2017年度サシバ保護集会を開いた。 全生徒が宮古野鳥の会会長の仲地邦博さんからサシバの特徴や保護する大切さなどについての講話に耳を傾けたほか、 サシバ保護宣言を行った。
[全文記事]

多良間中学校2年生、本島と地元の職場体験を発表

2017/10/07 09時01分配信 - 教育 -

ファイル 17952-1.jpg
職場体験学習の成果を発表する2年生=5日、 多良間中

【多良間】村立多良間中学校 (本村晃則校長) の2年生は5日、 村内や沖縄本島の企業で取り組んだ職場体験活動やその事後学習の発表会を行った。 生徒たちは仕事の大変さやコミュニケーションの大切さなどそれぞれ職場で学んだことを報告した。
[全文記事]

「働く」を見学、西城中がジョブシャドウイング

2017/10/04 09時02分配信 - 教育 -

ファイル 17932-1.jpg
=写真=

 宮古島地域雇用創造協議会は2日、 市立西城中学校 (島尻政俊校長) 1年生18人を対象にしたジョブシャドウイングを行った。 出発式で生徒たちは福祉施設など18職場を訪問し、 そこで働く人たちの姿などを見て将来の仕事について考える時間にしたいと意欲を見せた=写真=。
[全文記事]

與那覇健真くん(鏡原小5)羽黒山俳句大会で特選

2017/10/04 09時01分配信 - 教育 -

ファイル 17931-1.jpg
全国俳句大会で良い成績をおさめた (左から) 砂川さん、 與那覇くん、 前川くん=鏡原小

 先月16・17日に山形県で行われた第59回 「奥の細道」 羽黒山全国俳句大会で市立鏡原小学校 (国仲克紀校長) の與那覇健真くん (5年) が特選を受賞した。 また砂川結彩さんと前川尚摩くん (ともに5年) も佳作に選ばれた。
[全文記事]

池間薫さんが優良賞~県少年の主張大会

2017/09/28 09時01分配信 - 教育 -

ファイル 17895-1.jpg
優良賞受賞に笑顔を見せる池間さん=26日、 県男女共同参画センターてぃるる

【那覇支局】第39回少年の主張沖縄県大会 (主催・県青少年育成県民会議ほか) が26日午後、 那覇市の県男女共同参画センターてぃるるで行われた。
[全文記事]

「グルクンとソバの実ソース」1位、総実課題研究発表

2017/09/27 09時03分配信 - 教育 -

ファイル 17890-1.jpg
審査で1位となった (左から) 石嶺君、 狩俣君、 善福君、 下地さん=宮古総合実業高校

 県立宮古総合実業高校 (本村博之校長) で26日、 2017年度食と環境科フードクリエイトコース課題研究中間発表会が行われた。 同コース3年17人の生徒が5つのチームに分かれ、 それぞれのテーマで研究した成果を発表した結果、 「健康性と利便性を目指した商品開発~グルクンとソバの実を使った2種のソース作り」 が審査で1位となった。
[全文記事]

県立農大の先進農家派遣実習宮古地区で開始

2017/09/26 09時02分配信 - 教育 -

ファイル 17882-1.jpg
先進農家派遣で実習を受ける県立農業大学校の受講生 (前列) と受け入れ農家、 関係者ら=県宮古農林水産振興センター

 県立農業大学校の2017年度先進農家派遣実習が25日から宮古地区で始まった。 同日、 県宮古農林水産振興センターで受け入れ式が行われ、 3人の実習生と受け入れ農家が約40日間の実習に意欲を見せた。 研修は11月2日まで。 今回は、 宮古出身の川満琉平さん、 上原大知さん、 前泊奈美さんが参加する。
[全文記事]

ページ移動