記事一覧

地域にない企業訪問で仕事への姿勢、意識学ぶ

2017/12/09 09時04分配信 - 教育 -

ファイル 18348-1.jpg
地域にない職種企業への訪問・体験について報告する高校生たち=7日、 市中央公民館視聴覚室

 11月6日~11日に東京などで実施された地域雇用創造協議会 (会長=長濱政治副市長) の 「地域にない職種企業への訪問・体験」 に参加した高校生の報告会が7日、 市中央公民館で行われた。 沖縄・宮古にはない航空会社や自動車メーカー、 IT企業、 テーマパーク運営会社などの企業の取り組みやそこで働く社員の仕事に対する姿勢、 社会人としての意識について学んだことを発表。 今後の進路や自分の将来に役立てたいなどと感想を述べた。
[全文記事]

ゆうちょ銀行の金融講座でお金の大切さ学ぶ

2017/12/09 09時02分配信 - 教育 -

ファイル 18346-1.jpg
金融教室で大城さんの話を聞く児童たち=佐良浜小学校

 日本郵政グループのゆうちょ銀行那覇支店 (山田隆支店長) は8日、 佐良浜小学校 (前泊清校長) 5・6年生を対象に金融教室を行った。 同那覇支店担当課長の大城直樹さんがお金の歴史と役割、 おこづかいの管理、 銀行に預けたお金はどうなっているのか、 社会のつながりと物の値段の成り立ちなどを分かりやすく説明。 児童たちは熱心に聞きながらお金の大切さを学んでいた。
[全文記事]

久松小の研究発表会で算数の公開授業など

2017/12/09 09時01分配信 - 教育 -

ファイル 18345-1.jpg
5年生の算数公開授業を見学する教諭ら=久松小学校体育館

 2017年度県教育委員会・市教育委員会指定 「教育課程研究発表会」 が8日、 久松小学校で行われた。 宮古地区各小中学校の教諭らが集まり、 同校研究主任の天久典子教諭が研究課題や成果などを報告したほか、 5年2組児童の算数公開授業、 研究協議を実施した。
[全文記事]

飛行機大きい 東保育所の園児らがJTA機見学

2017/12/08 09時04分配信 - 教育 -

ファイル 18340-1.jpg
見学後に 「ボーイング737-800型機」 の前で記念撮影する園児ら=宮古空港

 東保育所 (友利和枝所長) の飛行機体見学が7日、 宮古空港で行われた。 4・5歳児24人が参加し、 JALスカイエアポート沖縄スーパーバイザーの長田敦史さんから空港内の案内や飛行機の基本的な知識などを学習したほか、 ボーイング 「JTA737‐800型機」 の機内見学を楽しんだ。
[全文記事]

滋賀県守山北高校、豊旗の塔慰霊し平和誓う

2017/12/08 09時03分配信 - 教育 -

ファイル 18341-1.jpg
=写真=

 修学旅行で宮古島を訪れている滋賀県立守山北高校が7日、 平良東仲宗根の 「豊旗の塔」 で平和学習を行った=写真=。 2年生146人が折った千羽鶴と花束を供えて戦没者の御霊を慰めるとともに、 平和を守り次世代へ伝えることを誓っていた。
[全文記事]

思いやる心持って 平一小で人権集会

2017/12/07 09時05分配信 - 教育 -

ファイル 18335-1.jpg
宮国芳美さん

 市立平良第一小学校 (砂川栄作校長) の人権集会が6日、 同校で行われた。 全児童が人権擁護委員の宮国芳美さんの思いやり、 優しい心を持つ大切さや全ての人の人権を尊重することなどについての講話に耳を傾けた。
[全文記事]

城辺統合中で経過報告も住民納得せず

2017/12/06 09時07分配信 - 教育 -

ファイル 18330-1.jpg
宮國教育委員長の説明に耳を傾ける地域住民ら=4日、 城辺中央公民館

 宮古島市教育委員会 (宮國博教育長) は4日、 城辺公民館で 「城辺地区中学校統合に関する経過報告会」 を行った。 保護者や地域住民らが参加する中、 市教委が統合計画の経過について説明。 宮國教育長は 「12月の市議会で再度計画を提出する」 とした。 参加者からは9月市議会での計画否決や12月議会への再提案、 現西城中が用地として選定された理由などについて質問が集中し、 「納得できる説明がない」 など不満の声が多く上がった。
[全文記事]

多良間の児童生徒が岩手宮古市交流に出発

2017/12/06 09時03分配信 - 教育 -

ファイル 18326-1.jpg
岩手県宮古市との交流に出発する児童生徒たち=4日、 多良間空港前

【多良間】姉妹都市の岩手県宮古市で交流学習する村立多良間小・中学校の児童生徒8人が4日、 同村から出発した。 9日まで宮古市の家庭にホームステイをしながら、 東北地方の生活や文化を体験する。 1日には同村役場で伊良皆光夫村長に交流での学習目標などを報告した。
[全文記事]

3年1度の宮総実フェアで交流都市の物産展も

2017/12/02 21時03分配信 - 教育 -

ファイル 18311-1.jpg
模擬会社で仕入れた交流都市などの商品を販売する商業科の生徒たち=宮古総実高体育館

 県立宮古総合実業高校 (本村博之校長) の3年に1度の 「宮総実フェア」 が2日、 同校で開催された。 各学科の生徒が日頃の専攻学習や実習、 課題研究などの成果を販売、 体験、 展示を通して発表。 会場には生徒の家族や地域住民らが大勢訪れ、 野菜や精肉、 お菓子、 加工食品などの販売コーナーには雨にも関わらず長蛇の列ができ賑わっていた。 商業科は模擬株式会社の実践として宮古島市の交流都市から仕入れた商品で物産展を行った。
[全文記事]

心込めて生ける、砂川中でフラワーアレンジメント

2017/12/02 09時05分配信 - 教育 -

ファイル 18306-1.jpg
佐久本さん (中央) のアドバイスを受けながら花を生ける生徒たち=砂川中学校

 市立砂川中学校 (友利直喜校長) で1日、 全校生徒を対象にした 「フラワーアレンジメント教室」 の出前授業が行われた。 講師を務めた佐久本敦志さん (蘭フラワー) や坂口順子さん (フラワーショップいずみ) らが、 花の魅力や将来花の仕事に就きたいと考えている生徒たちには 「資格を取得すれば有利になる」 などとアドバイス。 フラワーアレンジメントではバラやガーベラ、 カーネーション、 デンファーレ、 レーザーファンを使った花の生け方を教えた。
[全文記事]

ページ移動