記事一覧

宮古島市議会 与党、安定多数で主導権

2017/10/24 09時07分配信 - 政治・行政 -

 22日執行の宮古島市議会議員選挙 (定数24) は33人が激戦を展開し、 現職13人、 新人9人、 前職1人、 元職1人が当選した。 注目されていた与野党の新たな勢力構成は、 与党系が改選前から3増の 「16」 と安定多数を確保し、 是々非々の立場を示す中立系が5減の 「3」、 野党系が同数の 「5」 となった。 保守系の下地敏彦市政にとって改選前 (定数26) の過半数13から与党が安定多数と引き続き主導権を握ることで、 3期目に掲げた政策実現に向けて、 万全な体制が構築された。 新たな構成による議会は、 任期がはじまる11月13日に全員協議会、 22日に初議会となる臨時会が予定されている。
[全文記事]

衆院選沖縄4区 西銘氏の選挙区当選喜ぶ

2017/10/24 09時05分配信 - 政治・行政 -

ファイル 18063-1.jpg
西銘氏の選挙区当選に喜ぶ支持者たち=平良下里の選対事務所

 22日に投開票が行われた第48回衆議院議員総選挙の沖縄4区で選挙区当選を果たした自民前職の西銘恒三郎氏 (63) =公明推薦=の選挙対策本部 (下地義治本部長) は23日、 平良下里の選対事務所で西銘氏の当選を喜んだ。 支持者たちはバンザイ三唱し選挙区で雪辱を果たした西銘氏の今後の活躍に期待した。
[全文記事]

宮古島市議選、与党が安定多数確保

2017/10/23 09時07分配信 - 政治・行政 -

ファイル 18058-1.jpg

 任期満了に伴う第4回宮古島市議会議員選挙 (定数24) は22日、 市内22カ所で投票が行われ、 即日開票の結果、 現職13人、 新人9人、 前職、 元職それぞれ1人が当選を果たし、 新議員24人が誕生した。 今市議選は定数が2減となって初めて執行され、 現職、 新人各15人、 前職1人、 元職2人の計33人が立候補し、 与野党、 中立の議席争いを最大の焦点に激しい選挙戦を繰り広げた。 保守系の下地敏彦市政下にあって与党系が16議席を獲得して安定多数を確保した。 野党は議席を伸ばすことはできず、 中立は議席を減らした。
[全文記事]

市議選当選者、喜びの声

2017/10/23 09時06分配信 - 政治・行政 -

ファイル 18057-1.jpg
かけつけた支持者らとともにバンザイで喜びを爆発させる平良さん (右から3人目) =城辺比嘉の自宅前

 第4回宮古島市議選は23日午前2時頃には24議席の当落が判明。 33人で争われた7日間の選挙戦を勝ち抜いた候補者の陣営では、 「当確」 の報が流れると詰めかけた支持者から歓声と大きな拍手、 指笛などが沸き起こり、 いく度となくバンザイを繰り返すなど、 興奮の坩堝 (るつぼ) と化した。 激戦を制し議席を勝ち取った候補者たちは喜びとともに 「市民の代表」 としての重責に身を引き締めていた。
[全文記事]

衆院選沖縄4区、西銘氏が当選

2017/10/23 09時05分配信 - 政治・行政 -

ファイル 18056-1.jpg
当確の報道を受け、 バンザイ三唱を繰り返して喜びを爆発させる西銘氏 (右から4人目) =23日午前1時25分過ぎ、 南風原町の選対事務所

【那覇支局】沖縄経済の振興や米軍普天間飛行場の辺野古移設問題などを争点とした第48回衆議院議員総選挙は22日、 投開票されたが、 宮古島市や多良間村など11市町村で構成する沖縄4区は、 沖縄本島に接近した台風21号の影響で久高島から投票箱が届かず、 南城市がきょう23日午後1時からに開票延期となった。 しかし一部報道が宮古島市などの票差を踏まえ、 自民前職の西銘恒三郎氏 (63) =公明推薦の当確を報じた。
[全文記事]

市議選きょう投開票 各陣営、勝利へ気勢

2017/10/22 09時07分配信 - 政治・行政 -

 任期満了に伴う第4回宮古島市議会議員選挙 (定数24) は22日、 市内22カ所で投票が行われ、 即日開票される。 立候補している33人の当落が判明するのは午後11時以降とみられる。 選挙運動最終日となった21日、 台風21号接近に伴って強風が吹き荒れる中で各候補者は、 午前8時から 「最後の訴え」 に奔走したほか、 各陣営が 「一票」 の上積みに走力を挙げ、 午後8時までに選挙戦を打ち上げた。 市選挙管理委員会によると、 21日現在の当日有権者数は4万3268人。
[全文記事]

市議選 選挙戦きょう打ち上げ、票獲得へ総力

2017/10/21 09時07分配信 - 政治・行政 -

 任期満了に伴って22日に投票、 即日開票される第4回宮古島市議会議員選挙 (定数24) は21日、 選挙運動最終日となり、 15日の告示以来、 市内各地を遊説するなど激しい戦いを展開してきた33人の候補者が選挙戦を打ち上げる。 台風21号の接近で強風や天候の崩れが予想される中での選挙戦となるが、 各陣営では最後の訴えに総力戦で臨む構えを見せている。 同時執行の衆院議員総選挙では、 県内各地で投票日変更などの動きがあるが、 市選挙管理委員会は市議選も含めて22日の投開票を予定通りに実施する方針だ。
[全文記事]

衆院選沖縄4区 仲里・西銘氏が浮動票獲得に全力

2017/10/20 09時07分配信 - 政治・行政 -

ファイル 18037-1.jpg
安倍政権への批判とともに政策の意義を強調し支持を訴える仲里氏=豊見城市平和台団地近く

【那覇支局】22日に投開票される第48回衆議院議員総選挙は19日、 最終盤の三日攻防に突入し、 県内各地で当選を目指す各陣営の激しい集票合戦が繰り広げられた。 宮古島市や多良間村など11市町村で構成する沖縄4区は、 無所属前職の仲里利信氏 (80)、 自民前職の西銘恒三郎氏 (63) の両候補が激戦を展開。 街頭演説で政策を訴えるなど浮動票の獲得に全力を挙げる姿が見られた。 選挙戦はきょう20日で残り2日となり、 両陣営とも総力戦で支持拡大を目指す。
[全文記事]

市リサイクルセンタープラザ棟建設へ

2017/10/19 09時07分配信 - 政治・行政 -

ファイル 18030-1.jpg
委嘱を受けた委員たちがリサイクルセンター (プラザ棟) について審議した=市役所平良庁舎

 宮古島市ごみ処理施設に整備するリサイクルセンター (プラザ棟) について審議する市ごみ処理施設設等検討委員会が18日、 市役所平良庁舎で行われた。 第1回となる委員会では開会前に下地敏彦市長から委員一人ひとりに委嘱状が交付されたほか、 諮問を受けた。 会では全体の工程やスケジュール、 整備案などについて事務局から説明を受けた。 また、 委員長に長濱政治副市長、 副委員長に饒平名建次氏 (市社会副協議会長) が選任された。
[全文記事]

市議選、三日攻防へ

2017/10/19 09時06分配信 - 政治・行政 -

ファイル 18029-1.jpg
市内各地を遊説しながら選挙カーから手を振る候補者ら=平良東仲宗根

 任期満了に伴って22日に執行される第4回宮古島市議会議員選挙 (定数24) は19日、 勝敗の行方を大きく左右するといわれる 「三日攻防」 に突入する。 33候補者の各陣営では票の上積みに向け、 この3日間に全力を挙げて運動を展開する構えで、 同時執行の衆議院議員総選挙とも合わせて選挙ムードはさらに高まることになる。
[全文記事]

ページ移動