記事一覧

リーフレタス145㌔収穫 天然ガス事業化推進検討委

2019/02/20 09時05分配信 - 政治・行政 -

ファイル 20917-1.jpg
第3回委員会で事業の進ちょく状況について確認する委員ら=平良港マリンターミナル

 宮古島市天然ガス資源事業化推進検討委員会 (委員長・長濱政治副市長) の2018年度第3回委員会が19日、 平良港マリンターミナルで行われた。 実証事業に関する最終報告が行われ、 委員らが天然ガス利活用による農業利用小規模実証事業の結果などについて認識を深めた。
[全文記事]

辺野古基地賛否問う県民投票、期日前初日571人

2019/02/16 09時05分配信 - 政治・行政 -

ファイル 20901-1.jpg
市民らが期日前投票で 「賛成」 「反対」 「どちらでもない」 のいずれかに1票を投じた=市役所平良庁舎

 名護市辺野古の米軍新基地建設に伴う埋め立ての賛否を問う県民投票の期日前投票が15日、 始まった。 宮古島市の投票所が設けられた平良庁舎1階ロビーには 「意思を示そう」 という市民が訪れ、 投票用紙の 「賛成」 「反対」 「どちらでもない」 の欄のいずれか一つに 「〇」 の記号を記入していた。 市選挙管理委員会によると初日は571人が投票した。
[全文記事]

辺野古賛否、県民投票が告示 知事「貴重な一票を

2019/02/15 09時05分配信 - 政治・行政 -

ファイル 20896-1.jpg
県民投票告示の公報を掲示する職員=市役所平良庁舎

 名護市辺野古の米軍新基地建設に伴う埋め立ての賛否を問う県民投票が14日、 告示された。 県は午前9時に県庁の掲示板に公報を掲示し告示。 宮古島市でも午前9時40分頃に選挙管理委員会の職員が掲示した。 期日前投票は15日から始まり23日まで。 市役所平良庁舎1階ロビーで午前8時半から午後8時まで行われる。 投票は24日で即日開票される。 県や宮古島市では 「県民の意思を示す大事な投票である」 として投票を呼びかけている。 (3面に関連) 告示を受け、 玉城デニー知事は 「県民投票は県民のみなさん自身の意思を直接示すことができる大変重要な機会。 ぜひ投票所に足を運び、 貴重な一票を投じてほしい」 とのコメントを出した。
[全文記事]

県民投票、市民に周知徹底を 連絡会が市に要請

2019/02/13 09時04分配信 - 政治・行政 -

ファイル 20887-1.jpg
県民投票の市民への周知徹底を要請する奥平共同代表 (左3人目) ら=市役所平良庁舎

 新基地建設反対県民投票連絡会宮古支部 (奥平一夫・亀濱玲子・池間寛信共同代表) は12日、 宮古島市 (下地敏彦市長) に対し、 今月24日に実施される県民投票の市民への周知徹底を要請した。 奥平共同代表らが市役所平良庁舎を訪れ、 下地市長が不在なことから対応した与那覇弘樹主幹に告知ビラ (チラシ) の全戸配布や公共施設への懸垂幕の設置などを求める要請書を手渡した。
[全文記事]

市が楽器購入へ、小中学校吹奏楽部要望実る

2019/02/06 09時05分配信 - 政治・行政 -

 宮古島市 (下地敏彦市長) は沖縄振興一括交付金を活用し、 小中学校吹奏楽用の楽器と電子黒板を購入する。 楽器は吹奏楽部が活動する平良中や北中などを取りまとめた宮古地区吹奏楽連盟 (池城健会長) が要望書を教育委員会に提出し、 それに応える形で購入を決め、 4日に開かれた市議会臨時会に地域連携小中学校吹奏楽環境整備事業備品購入と電子黒板整備事業に係る物品購入の財産取得の議案として提案され全会一致で承認された。 市の予算で楽器を購入するのは初めてで、 要望書には 「20年、 30年前の古い楽器を修理しながら使っており、 コンクールで他地区との差を感じる」 などとあり、 児童生徒たちの切実な願いが叶うことになった。
[全文記事]

市議会、砂川市議の辞職勧告決議 追加を否決

2019/02/05 09時05分配信 - 政治・行政 -

ファイル 20850-1.jpg
提出した財産の取得2議案について説明する下地市長=市議会議場

 宮古島市議会 (佐久本洋介議長) の臨時会が4日、 同議場で行われた。 昨年12月定例会の期間中に砂川辰夫市議が道路交通法違反 (酒気帯び運転) で検挙された問題で、 野党議員らが辞職勧告決議を提出し追加議題とするか採決されたが賛成少数で否決された。 仲里タカ子市議は 「信じられない。 与党議員が揃って否決に回るとは思わなかった。 これでは飲酒運転に甘い議会と言われてもしょうがない」 と語った。 「財産の取得」 の2議案は原案通り可決された。
[全文記事]

24日実施県民投票向け、選管事務作業本格化

2019/02/03 09時05分配信 - 政治・行政 -

ファイル 20849-1.jpg
下地市長の県民投票参加表明で選挙管理委員会の事務作業が本格化した=市役所平良庁舎

 名護市辺野古の米軍新基地建設に伴う埋め立ての賛否を問う県民投票について、 下地敏彦市長が先月31日に 「参加する」 と表明したことで宮古島市内の実施に向けた市選挙管理委員会の事務作業が本格化した。 期日が迫っている中、 開票事務従事者の職員確保、 各投票所の立会人や管理者などへの依頼文書発送等の業務に追われている。
[全文記事]

下地市長が辺野古賛否県民投票の参加を表明

2019/02/01 09時05分配信 - 政治・行政 -

ファイル 20833-1.jpg
記者会見で県民投票への参加を明言する下地市長=市役所平良庁舎

 下地敏彦市長が31日、 市役所平良庁舎で記者会見し、 辺野古埋め立ての賛否を問う県民投票 (2月24日投開票) への参加を発表した。 県議会 (新里米吉議長) 臨時会で3択実施の条例改正案が可決されたことを受け、 「市議会の議決は市政運営を円滑に進める上で重いものがあるが、 県議会における二度の審議と議決、 並びに県当局の全県実施への強い決意が示されたこと等を重く受けとめ、 宮古島市は県民投票を実施することとした」 とコメントした。
[全文記事]

みなとまち宮古再生検討委、国際ターミナル検討

2019/02/01 09時03分配信 - 政治・行政 -

ファイル 20835-1.jpg
平良港の国際ターミナル (仮称) の配置・動線の計画案などについて検討した=市中央公民館

 2018年度第3回 「みなとまち宮古再生プロジェクト検討委員会 (会長・下地敏彦市長)、 同幹事会 (幹事長・垣花和彦観光商工局長) が31日、 市中央公民館で開かれた。 18年の宮古島クルーズ船寄港実績を報告したほか、 平良港国際ターミナル (仮称) 配置・動線計画案について検討、 街づくりの課題と今後の取り組みについて確認した。
[全文記事]

県議会、県民投票条例改正案を可決

2019/01/30 09時05分配信 - 政治・行政 -

 県 (玉城デニー知事) は29日、 米軍普天間飛行場の名護市辺野古への移設の賛否を問う県民投票条例の一部改正案を県議会臨時会に提案した。 2月24日の投票の選択肢を 「賛成」 「反対」 の2択から 「どちらでもない」 を加えた3択に変更するもの。 同臨時会では与党議員らが賛成し、 野党の自民党議員の一部が反対や離席するなどしたため条例改正案は賛成多数での可決となった。
[全文記事]

ページ移動