記事一覧

1年間で死亡事故ゼロ達成 県警が宮古島署表彰

2021/11/30 09時04分配信 - 健康・暮らし -

ファイル 25412-1.jpg
田場署長(右から3人目)に盾と激励金が、新里会長(同2人目)に激励金が手渡された=宮古島警察署

 宮古島警察署は2020年11月11日から、管内での交通死亡事故ゼロを継続している。死亡事故ゼロ1年達成を記念して29日、同署で表彰式が開かれ、沖縄県警察本部から盾が、沖縄県警察官友の会から激励金が田場義浩同署署長に贈呈された。県交通安全協会連合会からは、宮古島地区交通安全協会に激励金が贈られた。田場署長は交通事故防止に向けた地域住民のボランティア活動などの協力に感謝し、死亡事故ゼロの継続を誓った。
[全文記事]

ワクチン集団接種終了 「関係者、市民に感謝」

2021/11/28 09時04分配信 - 健康・暮らし -

ファイル 25406-1.jpg
ワクチンの集団接種が終了し職員をねぎらう友利部長(右から2人目)=市役所1階ロビー

 宮古島市での新型コロナワクチン集団接種は27日、終了した。午後4時に受け付けた最後の市民の接種が終了した後、友利克生活環境部長はワクチン対策室や接種に携わった各課の職員をねぎらい、医療従事者の協力や市民のワクチン接種への理解に感謝を述べた。
[全文記事]

緑と花いっぱいの街に グリーン部会、苗を提供

2021/11/25 09時03分配信 - 健康・暮らし -

ファイル 25392-1.jpg
苗を持ち上げ撮影に応じる平良部会長(左)と部会員たち=平良東仲宗根添

 宮古島市民運動実践協議会グリーン部会(平良耕次郎部会長)は24日、平良部会長の宅庭で公園・道路里親認定団体など16団体に花木の苗を無料配布した。所狭しと用意された百日草や小菊など多くの苗を、待ち望んでいた会員らが次々と受け取った。
[全文記事]

16団体を功労表彰 市民運動実践協議会

2021/11/23 09時03分配信 - 健康・暮らし -

ファイル 25382-1.jpg
15周年記念式典で功労者や協力団体を表彰した=20日、市役所

 宮古島市市民運動実践協議会(前川尚誼会長)は20日、市役所で設立15周年式典を開いた。同会は1977年、旧平良市で結成された市民運動団体が前身。宮古島市合併翌年の06年、各地区でふるさとづくり活動を実践してきた団体が集まり設立された。市民主体の緑化コンクールである「緑の街角賞」など多様な活動を長年続けている。式典では同会理事など関係者15人を功労者として、みやこ少年少女合唱団を特別協力団体として表彰した。
[全文記事]

40歳以上がん検診無料、市健康増進推進委員会

2021/10/07 09時05分配信 - 健康・暮らし -

ファイル 25163-1.jpg
平均寿命最下位脱出プロジェクトの進ちょく確認などを行った推進委員会=市役所

 宮古島市健康増進計画推進委員会(会長=座喜味一幸市長)は6日、市役所で平均寿命最下位脱出プロジェクトの推進会議を開いた。プロジェクトは宮古島市の平均寿命が2010年の調査で、男性は県内最下位、女性は下から2番目となったことを受け、平均寿命を延ばすために15年から始まった。目標を達成している項目も多いが、がん検診受診率は大きく減少している。市は今年度から40歳以上の市民のがん検診を無料とし受診率向上に取り組んでいる。
[全文記事]

楽しく健康づくりを、市町村対抗ウォーキング開催

2021/10/07 09時04分配信 - 健康・暮らし -

ファイル 25164-1.jpg
おきなわウォークのオンラインイベントに参加した座喜味市長(左)とみーや=市役所

 沖縄セルラーは県民の健康増進と地域店舗の活性化を目的に、「オンライン市町村対抗戦おきなわウォーク」を開催する。歩いた歩数や登録店舗の利用でポイントが加算され、平均歩数が1位の市町村の参加者全員にauPAYで使用できるポイントが1000ポイントプレゼントされる。座喜味一幸市長と宮古島市マスコットキャラクターのみーやが6日、オンラインで開催された告知イベントに参加し、市民に参加を呼び掛けた。
[全文記事]

宮古保健所「選挙クラスターに注意」 宮古島市議選に向け

2021/09/17 09時02分配信 - 健康・暮らし -

 宮古保健所(木村太一所長)は、任期満了に伴い実施される宮古島市議会議員選挙の選挙戦で「選挙クラスター」が発生しないよう、大規模な集会や飲食を伴う会合を行わないよう注意を呼び掛けている。同選挙は10月17日告示、同24日投開票。
[全文記事]

宮古島市、「暮らしの便利帳」発行 3年ぶり改訂

2021/09/17 09時01分配信 - 健康・暮らし -

ファイル 25078-1.jpg
=写真=

 宮古島市(座喜味一幸市長)はこのほど、「宮古島市 暮らしの便利帳」(A4判、カラー刷り、104頁)を発行し、全世帯に配布した。2018年以来、3度目の改訂で新庁舎移転や社会情勢の変化、新たな情報などを盛り込み、更新した。今回はサイネックス(大阪府)との官民協働事業として共同発行し、制作、広告販売を同社が手掛けている。
[全文記事]

きょう「小暑」 テリハボク咲く

2021/07/07 09時02分配信 - 健康・暮らし -

ファイル 24757-1.jpg
青空の下で可憐で真っ白な花を咲かせるテリハボク=平良下里

 7日は24節気の一つ「小暑(しょうしょ)」。暦の上では梅雨が終わりを告げ、暑さが強まり始まる頃とされ、集中豪雨となることも多い。2日の梅雨明け後、日中の最高気温が30度以上の真夏日が続いており、熱中症予防など体調には注意したい。
[全文記事]

七夕で短冊に願い 保育園などで飾り付け

2021/07/07 09時01分配信 - 健康・暮らし -

ファイル 24758-1.jpg
願いを込めた短冊をササに取り付ける園児ら=平良下里のてぃだの子保育園

 きょう7日は、織姫と彦星が年に1度、天の川を渡って出会うと言い伝えられる年中行事「七夕」。五色の短冊に願いを込めササの葉に飾る習慣がある。市内各地の保育園などは6日、短冊や飾りつけなど七夕の準備を整えていた。
[全文記事]

ページ移動