記事一覧

渡邊一雄氏招きボランティア講演、落語会

2019/03/21 09時03分配信 - 健康・暮らし -

ファイル 21053-1.jpg
渡邊一雄氏

 慈善活動全般などを指すフィランスロピーによるボランティアの第一人者である渡邊一雄氏を講師に迎えての 「人生100年時代~やっと見つけた手ごたえのある生き方」 と題した講演と落語会が20日午後3時から市中央公民館研修室で開かれ、 ボランティア活動を通した、 手応えある老後の送り方について学び、 認識を深めていた。 また趣味が高じて社会人落語家・三遊亭大王としても活動している同氏のユーモアあふれる話に笑顔を見せながら聴き入った。
[全文記事]

伊良部島で家庭料理大集合、伝承の味堪能

2019/03/06 09時01分配信 - 健康・暮らし -

ファイル 20986-1.jpg
=写真=

  「島の食、 再発見、 家庭料理大集合in伊良部島」 (主催・伊良部島食と暮らし事業協議会) が3日、 伊良部漁港内にあるいんしゃの駅佐良浜2階で開催された。 地元のお母さんたちが持ち寄った伊良部島で伝承されている家庭料理を試食しようと会場には大勢の市民が集まり、 島料理を味わった。
 午前11時半から始まったイベントでは、 料理研究家の枝元なほみさんが地元のお母さんが持ちよった家庭料理を1品ずつインタビュー形式で紹介した=写真=。
[全文記事]

お持ち寄りカフェ開設

2018/12/27 09時03分配信 - 健康・暮らし -

ファイル 20674-1.jpg
お持ち寄りカフェでおにぎりを握る参加者たち=23日、 多良間村保健師住宅

【多良間】お年寄りたちが料理やお菓子などを持参して集まる地域サロン 「お持ち寄りカフェ・おにぎりの会」 が多良間村保健師住宅に開設されている。 県地域支え合い推進事業と多良間村認知症総合支援事業として介護予防や引きこもり防止などを目的に同村住民福祉課が実施。 参加者たちが食事やおしゃべりを楽しんでいる。
[全文記事]

住民の手作りジム「運動処たらざっぷ」

2018/12/08 21時03分配信 - 健康・暮らし -

ファイル 20566-1.jpg
「がんずうまつり」の会場で活動を紹介するたらざっぷのメンバー=1日、 多良間村コミュニティ施設

【多良間】多良間村の住民が家庭で眠っていた運動器具を持ち寄って始めた手づくりトレーニングジム 「運動処たらざっぷ」。 現在は同村老人福祉センターの倉庫を借り、 老若男女約20人の会員が健康増進やメタボリックシンドロームの改善、 介護予防などを目的に汗を流しており、 住民に気軽に参加してほしいと呼びかけている。
[全文記事]

宮古保健所が多良間でがんずうまつり

2018/12/06 09時04分配信 - 健康・暮らし -

ファイル 20546-1.jpg
がんずうまつりで野菜計量ゲームに挑戦する住民=1日、 多良間村コミュニティ施設

【多良間】 「健康おきなわ21」 の推進を図るため宮古保健所がんずうまつりがこのほど、 多良間村コミュニティ施設で行われた。 酒酔い疑似体験や減塩みそ汁の試飲、 野菜計量ゲームなどを通して適正飲酒や日常生活での健康について考えてもらい、 生活習慣病の予防を呼びかけていた。
[全文記事]

多良間村で介護保険ゼミナール

2018/12/01 21時02分配信 - 健康・暮らし -

ファイル 20522-1.jpg
介護保険ゼミナールで村内高齢者の調査を報告する木村さん=先月30日、 多良間村役場

【多良間】多良間村 (伊良皆光夫村長) の介護保険ゼミナールが先月30日、 同村役場で行われた。 NPO法人全国コミュニティライフサポートセンターの木村利浩さんが調査した多良間で介護を受けずに生活する高齢者の事例を紹介しながら、 畑仕事等の生きがいや住民同士の支え合いなどを地域の 「宝」 として年をとっても暮らしやすい村づくりを提案していた。
[全文記事]

高次脳機能障がい学ぶ、新しい福祉テーマに講演

2018/11/17 21時03分配信 - 健康・暮らし -

ファイル 20436-1.jpg
関心のある市民が参加し高次脳機能障害について理解を深めた=JTAドーム宮古島

 高次脳リハビリテーション講習会 「高次脳機能障害~あたらしい福祉のかたち」 (主催・県など、 共催・平安病院など) が17日、 JTAドーム宮古島で行われた。 関心のある市民が参加し、 高次脳機能障がいについて理解を深めた。
[全文記事]

社会参加つながる支援を、フリースペースビザライ

2018/11/07 09時03分配信 - 健康・暮らし -

ファイル 20365-1.jpg
フリースペースビザライとサポートステーション宮古の活動を行う事業所 「ふぁーかんだ」 =平良西仲宗根

 障がい福祉のワンストップサービスを提供している 「ビザライ」 (勝連聖史代表) がこのほど、 不登校など社会生活を円滑に営む上で困難を抱える子どもたちを受け入れる 「フリースペースビザライ」 を開所した。 利用児童や生徒は増え始め、 職員たちは様々な課題に悩む子どもと日々向き合っている。
[全文記事]

伊良部に移転、脳卒中等無料リハビリあゆみの会

2018/10/18 09時03分配信 - 健康・暮らし -

ファイル 20243-1.jpg
=写真=

 脳卒中などにより身体に麻痺がある人が再び従来の身体機能を取り戻せるよう支援を行う 「宮古島あゆみの会」 (堀尾憲市代表) がこのほど、 活動の拠点を城辺から伊良部字伊良部に移した=写真=。 堀尾さんは宮古島を 「エコアイランドだけではなく健康アイランドにしたい」 と語り、 リハビリの指導を行っている。
[全文記事]

藤川栄吉さんが医療功労、県知事表彰で伝達式

2018/09/14 09時04分配信 - 健康・暮らし -

ファイル 20032-1.jpg
救急医療関係功労者の県知事表彰伝達式で藤川さん (左) と下地市長=市役所平良庁舎

 救急医療関係功労者に対する県知事の表彰伝達式が13日、 宮古島市役所平良庁舎で行われ、 下地敏彦市長が市救急夜間救急診療所長の藤川栄吉さん (78) に賞状を手渡し、 今後の活躍を祈念した。
[全文記事]

ページ移動