記事一覧

総合庁舎、建物本体完成

2020/10/29 09時05分配信 - 政治・行政 -

ファイル 23643-1.jpg
建物本体が完成し外溝や造園、駐車場整備工事などが行われている市総合庁舎建設現場=平良西里

 宮古島市(下地敏彦市長)が平良西里の元国有地で2009年4月に建設工事に着手した市総合庁舎整備事業の工事進ちょく率が、9月末現在で96%に達し、このほど建物本体が完成した。建物周辺の足場なども撤去され、外観を見ることができる。今後は周辺の外溝や造園工事、駐車場整備・舗装などが進められる。11月下旬には内部の設備や什器類の搬入が始まる。年末年始に引っ越しし、2021年1月4日の開庁を予定している。現在の分庁方式から総合庁舎に変更することに伴い、城辺、下地、上野、伊良部の4支所機能は21年4月から出張所に移行する。
[全文記事]

未来創造センター、「憩いの場」階段が完成

2020/10/29 09時04分配信 - 政治・行政 -

ファイル 23644-1.jpg
図書館正面入り口から下階に向けて整備された階段。右側がベンチスペース=未来創造センター

 宮古島市教育委員会(宮國博教育長)が、市立図書館及び中央公民館を併設した未来創造センターで進めていた階段設置工事がこのほど完了し、図書館正面入り口と下階の事務所及び中央公民を結ぶ動線が確保された。階段の半分は座って本を読むなど、くつろぐことのできるベンチとなるよう幅を確保しており、同センターでは新たな憩いの場となると期待している。
[全文記事]

中学駅伝、沿道での応援自粛呼びかけ

2020/10/29 09時03分配信 - スポーツ -

 宮古中学校体育連盟は新型コロナウイルス感染拡大防止の観点から、31日の「全宮古中学校駅伝競走大会」を無観客で開催するとし、市民にコース沿道での観戦や応援の自粛を求めている。レースの模様は宮古テレビ、FMみやこで生中継される。
[全文記事]

第4回うまむぬ杯、テーマは「テイクアウト」

2020/10/29 09時02分配信 - 社会・一般 -

ファイル 23646-1.jpg
第4回宮古島うまむぬ杯の開催について発表する同実行委員会=平良西里、島和食郷家~はなれ~

 第4回宮古島うまむぬ杯(主催・宮古島調理師会、りっぷる)が「テイクアウト」をテーマに来年1月1日~2月28日に開催されることが発表された。今回は食材を指定せずテイクアウトができるメニューであれば応募でき、投票は商品に貼付されたQRコードで行う。同実行員会は28日、平良西里の飲食店で記者会見を行い、「コロナ禍で厳しい状況にある飲食店を応援したいという思いから大会開催を決めた」と話した。
[全文記事]

こども絵画教室作品展、来月1日まで

2020/10/29 09時01分配信 - 社会・一般 -

ファイル 23647-1.jpg
絵や工作が150点展示されている=未来創造センター市民ギャラリー

 未来創造センター2階の市民ギャラリーで28日、宮古島こども絵画教室の作品展が始まった。同教室の鈴木久美子代表は「大人でも楽しめる。作品からあふれ出るパワーをもらいに来てほしい」と来場を呼びかけている。作品展は11月1日まで。
[全文記事]

宮古島市の新型コロナ濃厚接触者45人

2020/10/28 09時05分配信 - 政治・行政 -

ファイル 23638-1.jpg
新型コロナウイルスで宮古島市の45人が濃厚接触者となった=市役所平良庁舎(資料写真)

 宮古、八重山の先島を視察した沖縄県議会の沖縄・自民党会派の議員間で新型コロナウイルスのクラスター(感染者集団)が発生し、これまでに12人の陽性が確認されたことに関連して県は27日、宮古島市での意見交換会などに参加した45人を濃厚接触者と認定したことを明らかにした。うち38人はPCR検査で陰性が分かった。26日に「濃厚接触者でない」とした下地敏彦市長についても濃厚接触者と認定した。県保健医療部の糸数公保健衛生統括監は県議団について、議員間の接触による感染ではなく、別の共通の感染源による可能性があると示唆した。
[全文記事]

新型コロナで宮古島市15日連続新規発生

2020/10/28 09時04分配信 - 政治・行政 -

 沖縄県は27日、宮古島市で新たに1人の新型コロナウイルス感染を確認したと発表した。15日連続の新規発生で累計は92人となった。新規感染は医療従事者の40代女性で、25日に県内患者の濃厚接触者として検体採取し、27日にPCR検査で陽性が確認され、入院中という。宮古島市によると入院中は12人(県発表の中等症1人)、退院79人、死亡1人。27日までの直近1週間の新規感染者は14人で、人口10万人当たりは25・18人となった。宿泊施設療養中は3人。
[全文記事]

障がい者のハンディ学ぶ~久松中生徒ら

2020/10/28 09時03分配信 - 教育 -

ファイル 23640-1.jpg
車椅子専用車を体験する生徒たち=久松中学校

 市立久松中学校(宮國幸夫校長)は27日、1年生を対象に「ハンディキャップ体験学習」を行った。市社会福祉協議会の職員を講師に迎え、車イスや視覚及び聴覚障害について理解を深めた。
[全文記事]

地元建設業の人材に~高校生が機械運転教育

2020/10/28 09時02分配信 - 教育 -

ファイル 23641-1.jpg
学科講習を受ける高校生たち=宮古総合実業高校

 地元高校生を対象にした「小型車両系建設機械運転特別教育」(主催・沖縄県建設業協会宮古支部)が27日、2日間の日程で始まった。宮古総実18人、宮古工業11人、宮古1人が受講し、重機の仕組み、基本操作、安全知識を学んだ。地元の建設業界の人材育成、入職促進を目的に行われ、同協会が受講料の一部を支援している。
[全文記事]

観光産業実態調査、宮古景況マイナス87

2020/10/28 09時01分配信 - 産業・経済 -

 2020年第3四半期(7~9月)の県内観光産業実態調査によると、景況判断指数(DI)はマイナス89・3と前期(4~6月)と比べて5・2改善したものの、新型コロナウイルスの影響を受けて依然と厳しい状況にあることが分かった。県文化観光スポーツ部がこのほど、発表した。エリア別で宮古は10・2改善のマイナス87・7となり、来期(10~12月)は同80・7となる見通しだ。
[全文記事]

ページ移動