記事一覧

コンテナハウスが増加、宿泊施設不足を補う

2019/09/16 09時05分配信 - 産業・経済 -

ファイル 21845-1.jpg
宿泊施設の不足を補うように増加するコンテナハウス=市内下里

 アパートやホテルを中心とした建設ラッシュが取り沙汰されて久しいが、現在もその勢いは衰えることなく、相変わらずの人手不足が続いている。その建築ニーズに対応すべく、業界では島外から人手を頼み対応しているが、関連して顕著になっているのが、これら人手の受け入れ宿泊施設の不足。アパートの家賃が高騰する中ではコスト的にアパートは割高で、それを補う形で新たに現れれてきたのがコンテナハウス。1DK仕様で、クーラーやテレビも備え、工事期間中の滞留が低コストで補えるとあって増加の一途を辿っており、そのニーズを捉えて本土の大手コンテナ企業の進出も出始めた。
[全文記事]

8小中学校で運動会、児童生徒ら躍動

2019/09/16 09時04分配信 - 社会・一般 -

ファイル 21846-1.jpg
伊良部島小中学校の第1回運動会で学年特技を披露する7・8年の生徒たち=旧佐良浜小学校運動場

 宮古島市立の8小中学校で15日、運動会が開催された。熱帯低気圧の影響で一時雨が降ったものの、晴れ間の下、各校の運動場では園児や児童生徒が元気いっぱいにかけっこやリレーで競った。表現の玉入れやリズムダンス、エイサーなども披露され、大勢の保護者らを楽しませた。
[全文記事]

市内小・中・高吹奏楽部へ、全国から多額派遣費

2019/09/16 09時03分配信 - 教育 -

ファイル 21847-1.jpg
全国から届いた派遣費を手に喜びの児童生徒たちと、宮古地区吹奏楽連盟の池城健会長(後ろ右端)=14日、平良中学校

 宮古地区吹奏楽連盟(会長・池城健平良中学校長)は13日、平良中学校校長室に市内小、中、高校の吹奏楽部と音楽部の4部長を招き、派遣費として123万円余を寄贈した。
[全文記事]

沖縄高専の実験教室、科学の魅力を体験

2019/09/16 09時02分配信 - 社会・一般 -

ファイル 21848-1.jpg
簡易フライトシミュレーターを体験する子どもたち=JTAドーム宮古島

 沖縄工業高等専門学校(安藤安則校長)は15日、JTAドーム宮古島で日本トランスオーシャン航空(JTA)と共催の、「わくわくチャレンジ実験教室」(協力・国際海洋環境情報センター)を開催。科学をテーマとした実験・体験プログラムが実施され、参加した多くの子どもたちが科学の魅力に触れて楽しいひと時を過ごした。
[全文記事]

とっとこ保育園の園児ら、祖父母と交流

2019/09/16 09時01分配信 - 社会・一般 -

ファイル 21849-1.jpg
おじいちゃんも自慢の三味線演奏を披露した=とっとこ保育園

 とっとこ保育園(垣花昭子園長)で14日、おじいちゃん、おばあちゃんを招いた敬老の日の集いが同園で催され、園児たちと職員が多彩な出し物で長寿を祝うと、おじいちゃんは三味線演奏で応えるなど、和やかに世代を超えた交流を楽しんだ。
[全文記事]

全国はがき筆文字展入賞者

2019/09/15 09時05分配信 - 教育 -

ファイル 21840-1.jpg
はがき筆文字展の入賞発表を行った伊志嶺委員長(左)=平良港ターミナル

「第3回全国はがき筆文字展」実行委員会の伊志嶺亮委員長は14日、平良港ターミナルビル研修室で会見を行い、同展の入賞者を発表した。
 県内外や国内外から1531点の応募があった同展は、7月13日に東京審査会が行われ、石飛博光氏(日本詩文書作家協会会長)と加藤東陽氏(元文部省教科調査官)によって大賞と準大賞、そして美術新聞社賞を同社の萱原晋社長が審査を行った。また「宮古島三賞」として7月25日に宮古島市長賞、宮古島市教育長賞、宮古島市文化協会賞がそれぞれ審査が行われた。
[全文記事]

入所者57人の長寿祝う

2019/09/15 09時04分配信 - 社会・一般 -

ファイル 21841-1.jpg
「かきやで風」の踊りを楽しむ入所者の皆さん=13日、国立療養所宮古南静園

 国立療養所施設宮古南静園(知念一園長)で13日、2019年度敬老祝賀会が開催された。
 同園の職員や家族が駆け付け入所者57人の健康長寿を祝った。自治会や市からは祝い金や記念品が贈呈された。
[全文記事]

親子で草木染め体験

2019/09/15 09時03分配信 - 教育 -

ファイル 21842-1.jpg
煮出しの前に植物を細かく切る児童ら=13日、福嶺小学校

 市立福嶺小学校(下地辰彦校長)で13日、親子で参加の草木染め体験が行われた。全校生徒19人と保護者らが参加し、琉球大学の仲間伸恵准教授を講師に招き、植物からの染料の取り出しや染め方などを学んだ。
[全文記事]

文化の多様性に気付く

2019/09/15 09時02分配信 - 教育 -

ファイル 21843-1.jpg
感想を述べる生徒たち=13日、市立下地中学校

 市立下地中学校(濱川成共校長)は13日、同校多目的室で「2019年度第18回台湾国際交流報告会」を行った。同国際交流は8月7日から13日の日程で行われた。参加生徒10人が出発日からの出来事や見学先、体験、ホストファミリーと過ごした様子などを詳しく報告し、感想を述べた。
[全文記事]

住民挙げて綱引き

2019/09/15 09時01分配信 - 社会・一般 -

ファイル 21844-1.jpg
老若男女力を合わせて綱を引く=13日、狩俣自治会

 十五夜の日の13日、狩俣自治会(池間豊会長)で毎年恒例の十五夜祭りが開かれ、メインの東西大綱引きに加え、子どもエイサーや民謡ショーなどが行われ、満月夜の下で大いに賑わった。
 同祭りは県道230号沿いの狩俣小学校前から狩俣マッチャーズ前までの約200㍍を通行止めにして開催。青年会や婦人会、老人クラブ、子ども会など自治会住民こぞって参加。観光客も大勢訪れ開かれた。
[全文記事]

ページ移動