記事一覧

劇団かなやらび「眠りの島」上演

2018/08/18 21時07分配信 - 文化・芸能 -

ファイル 19877-1.jpg
精霊と人間の対峙を熱演する子どもたち=マティダ市民劇場

 劇団かなやらびがプロデュースするミャークファンタジー第3弾 「眠りの島」 の公演が18日、 マティダ市民劇場で行われた。 宮古島の歴史や神話をもとに現代社会が抱える問題も織り込んだ物語を小中高校生で構成された団員24人が精霊とそれらに対立する人間などに扮して熱演。 会場に詰めかけた大勢の観客は未来を舞台に繰り広げられる創作ファンタジーの世界に浸るとともに自分に照らして考えている様子だった。 きょう19日午後3時からも上演される。
[全文記事]

下地・上野地区で光ブロードバンド説明会

2018/08/18 21時06分配信 - 産業・経済 -

ファイル 19876-1.jpg
事業者による光ブロードバンドサービスの説明を聞く住民たち=市役所下地支所

 県が2016年度から進めてきた光ブロードバンドの下地・上野地区でのサービス提供開始を来月19日に控え、 宮古島市情報政策課は18日、 市役所下地支所で住民説明会を開催した。 サービスを提供する事業者が光ブロードバンドサービスについて説明した。 きょう19日は市役所上野支所で正午から個別相談会及び光ブロード体験、 午後5時~6時半に上野公民館で説明会を行う。
[全文記事]

UJボクシング、吉永君(平良中3年)が優勝

2018/08/18 21時05分配信 - スポーツ -

ファイル 19875-1.jpg
吉永涼介

 第5回全日本アンダージュニア (UJ) ボクシング王座決定戦が18日、 大阪府立体育館で開催された。 宮古島市からライトウエルター級西日本代表として出場した吉永涼介 (平良中3年) は東日本代表の三木翔一朗 (千葉県木更津市・波岡中) と対戦し、 2R26秒RSC (レフェリーストップコンテスト) で優勝した。
[全文記事]

下地児童館で母親クラブが夏祭り

2018/08/18 21時04分配信 - 社会・一般 -

ファイル 19874-1.jpg
お菓子食い競争を楽しむ子どもたち=下地児童館

 下地児童館母親クラブ (上地知子会長) の夏祭りが18日、 同児童館で行われた。 参加した大勢の子どもたちが綱引きや菓子食い競争など様々なゲームを楽しんだ。 下地こども園やひまわり保育園の園児も訪れて交流。 母親たちが作ったカレーライスやアメリカンドッグ、 かき氷も子どもを喜ばせていた。
[全文記事]

第40回JC杯少年野球大会開幕

2018/08/18 21時03分配信 - スポーツ -

ファイル 19873-1.jpg
初日から熱戦を展開する球児たち=宮古島市民球場

 第40回JC杯少年野球大会 (主催・宮古青年会議所) が18日から、 宮古島市民球場などで開幕した。 初日から子どもたちは熱戦を展開。 低学年の部では北など4チームが19日の準決勝に駒を進めた。 高学年の部に初出場した韓国選抜チームは1回戦で敗退した。
[全文記事]

城辺・板倉区の児童ら交流楽しむ

2018/08/18 21時02分配信 - 社会・一般 -

ファイル 19872-1.jpg
エイサー演舞に挑戦する板倉区の児童たち (前列) =西城小体育館

 2018年度新潟県上越市板倉区・宮古島市城辺地区児童交流事業2日目の18日は西城小学校体育館で交流会が行われた。 西城小の児童たちがエイサー演舞などで歓迎し、 両区の児童たちはエイサーに挑戦したほか宮古方言を学ぶ 「○×クイズ」 を楽しみながら交流を深めた。 板倉区の児童たちは春夏秋冬で満開の桜や田植え、紅葉、雪やスキーなどを紹介し、 城辺地区の児童たちの関心をひいていた。
[全文記事]

離島がんフォーラムで早期発見の大切さ訴え

2018/08/18 21時01分配信 - 健康・暮らし -

ファイル 19871-1.jpg
田名勉会長の講演に耳を傾ける参加者ら=市中央公民館

 第6回離島がんフォーラムIN宮古島 「うちな~の肝ぐくる 【今を生きる】を【健幸】に支え合う」 (主催・沖縄県がん患者会連合会) が18日、 市中央公民館で開催された。 がん患者の当事者や遺族、 看護支援、 子ども支援など様々な立場で体験談を発表。 がんへの向き合い方を考えるとともに早期発見・早期治療の重要性を訴えた。
[全文記事]

未来創造センター、工事進ちょく率約63%

2018/08/18 09時07分配信 - 政治・行政 -

ファイル 19870-1.jpg
1階の工事がほぼ終了し2階部分の柱、 梁の組み立てが進められている未来創造センターの現場=平良東仲宗根

 2019年7月開館に向けて整備が進められている宮古島市未来創造センター整備事業は、 8月までに建物本体1階がほぼ終了し、 現在は2階部分の柱及び梁 (はり) の部材組み立てが進められている。 市振興開発プロジェクト局によると現在の進ちょく状況は、 現場施工及び製作ヤード合わせて約63%となっている。 今月末ごろからは内装の着手が予定されるほか、 建物は10月下旬ごろには3階までの棟上げを終える見通し。
[全文記事]

宮古地区栽培漁業推進で稚魚放流計画承認

2018/08/18 09時06分配信 - 政治・行政 -

ファイル 19869-1.jpg
稚魚の放流実績などについて確認する協議員ら=市役所平良庁舎

 2018年度宮古地区栽培漁業推進協議会 (会長・下地敏彦市長) が17日、 市役所平良庁舎で行われた。 17年度はハマフエフキ1万3916尾、 タイワンガザミ8万3000尾を放流、 ヒメジャコ3万6300個、 ヒレジャコ1525個を配布、 モズク4396枚を種付けしたことが報告されたほか、 サバヒーを汽水域で放流する試験を実施するなどの意見が出された。
[全文記事]

劇団かなやらび第3弾「眠りの島」きょう上演

2018/08/18 09時05分配信 - 文化・芸能 -

ファイル 19868-1.jpg
ゲネプロ (最終リハーサル) を前に衣装に身を包んだ出演者たちが舞台成功への意気込みを示した=マティダ市民劇場

 劇団かなやらびがプロデュースするミャークファンタジー第3弾 「眠りの島」 がきょう18日から2日間、 マティダ市民劇場で上演される。 17日には最終リハーサル (ゲネプロ) を行い、 本番に向けて最後の調整と課題のチェックを行った。
[全文記事]

ページ移動